薬剤師だからこそ、結婚・出産を想定して転職を考えよう

給与や勤務環境、人間関係など転職の理由は様々ですが、薬剤師の女性は結婚や出産をきっかけとして転職をすることもありますね。
でも、そのようなライフイベントのタイミングで転職をするのは、私生活も仕事もバタバタとしてストレスを抱えがちになるためオススメできません。
そこで今回は、結婚や出産を前提にした薬剤師の転職活動について考えてみたいと思います。

薬剤師なら結婚や出産を想定して転職を!


彼氏もいないのに結婚や出産を前提に転職先を選ぶなんて気が早すぎ…と思う薬剤師の方もいるかもしれませんが、全くもってそのようなことはありません。むしろ、早くから準備しておくことで、いざという時にも、慣れた職場で働き続けることができるという大きなメリットがあります。
職場側としても、結婚や出産で退職してしまう人よりも働き続ける意思がある人を優先的に雇いたいと考えています。特に薬剤師は長期には渡って人手不足となっていますので、その傾向は顕著です。是非、産休など福利厚生に関する質問や希望を積極的にぶつけてみてください。
万一、転職コンサルタントや転職先の担当者が「パートナーもいないのにそんな事を気にして」という態度を取るようでしたら、縁がなかった、選択肢から外す良いきっかけになった、と思うようにしましょう。条件の良い薬剤師の求人はまだまだ沢山あります。妥協しないでください。

薬剤師が長く働きたいなら全国チェーンの薬局


夫となる人が転勤族の場合、転勤の度に妻である薬剤師の貴方も転職を余儀なくされることになります。引っ越しをするだけでも大変なのに、転職先を探して見知らぬ土地で新しい職場で働くのは薬剤師と言えど大変なことです。比較的求人が多いとされる薬剤師であっても、その土地でゼロから職を探すというのは楽なことではありません。
そんな時、全国展開をしている調剤薬局やドラッグストアであれば、店舗異動をするだけで済むことがあります。薬剤師数の多い企業は産休や育休を取りやすいというメリットがありますので、是非チェックしてみましょう。
また、大手企業は教育体制が整っているため、育休明けのブランクがある復帰時に研修を受けさせてもらえることも多く、ママ薬剤師も安心して働けます。
2年働いていないだけで診療報酬が変わってたくさんの新薬が出るため、そのまま復帰するのは不安なものです。教育制度が整っているという視点でも転職先を探してみるようにしてください。
但し、全国チェーン企業は未婚のうちは自分が転勤になる可能性もあるので注意が必要です。転職時の交渉次第では、転居を伴う異動がないように調整してくれるケースもありますので、貴方の希望をしっかりと伝えてください。このあたりの交渉は転職コンサルタントの得意分野ですので、積極的に活用していきましょう。

産休や育休はあって当たり前。期間と取得率は?


「産休・育休制度あり」などと求人票へ記載されているのを見かけることがありますが、産休も育休も法律で定められている休暇なのであって当たり前。注目するべきなのはその期間と取得率です。法律で定められている期間は産休が産前6週、産後8週で、育休は子供が1歳になるまでです。
企業によっては、希望によりもっと早くから産休をスタートできたり、もっと長く育休を取ることができる場合があります。妊娠期間はゆったりと過ごしたい、できるだけ長く子供と過ごした上で仕事に復帰したいと考えるのでしたら、期間を長く設定可能な職場で働いておきたいですね。
また、産休や育休の制度が整っていても、薬剤師が足りない事から、実際には休みが思うように取れないなんてこともあります。希望に応じて休みが取れる状況なのか、事前に確認しておきたいですね。
どれも個人で1つずつ確認するのは大変なので、転職コンサルタントに情報をまとめてもらうと良いでしょう。

その転職先、結婚後や育休明けも働きやすい環境ですか?


結婚後は家事に時間を割くためにパートとして働きたいと考える薬剤師の方も多いと思います。それを見越して、パート勤務者の待遇もチェックしておくと安心です。時給も大切ですが場合によっては正社員と変わらないような福利厚生がある企業もあるので見逃さないようにしたいですね。
育休明けは労働基準法で選択権利が認められている短時間勤務制度を使う方も多いと思います。6時間の勤務で正社員とほぼ変わらない待遇となるためとても便利ですが、忙しすぎて結局残業をせざるを得ない職場もあります。
子供が小さいうちは急病で休むこともありますので、薬剤師の人員に余裕がある職場を転職先に選んでおくと周りに気を遣いすぎずに働けます。
子育て中の薬剤師が働いている店舗を見学させてもらって話を聞くのも参考になりますよ。

結婚や出産は多くの女性が経験することであり、予想もしない時期に訪れることもあります。プライベートがバタバタしているときにも仕事は落ち着いてこなすことができるように、予め結婚や出産を前提に転職活動をしておきましょう。
ライフイベントの度に転職をするのではなく同じ職場で働き続けることは、薬剤師としてのスキルアップやキャリアアップにも繋がります。育休明けから復帰して短時間勤務をしつつ、子供が大きくなったら正社員に戻って薬局長へ…なんて道もあるということですよ。
やり方次第で女性も育児とキャリアアップを狙えることを忘れずに、転職先を探してみてくださいね!
ズバリおすすめは・・・
薬キャリ
written by CLC ()
薬剤師求人コラム
薬剤師こそ福利厚生を十分に検討して転職先を探すべき

薬剤師こそ福利厚生を十分に検討して転職先を探すべき

薬剤師の場合、福利厚生が理由で転職を考えるということは ...

子供好きの薬剤師は小児科の門前薬局への転職を検討しよう

子供好きの薬剤師は小児科の門前薬局への転職を検討しよう

子供と接していると楽しい、たくさんの子供たちに囲まれて ...

大手ドラッグストアへ転職するメリットとデメリットとは?

大手ドラッグストアへ転職するメリットとデメリットとは?

薬剤師の活躍の場所の一つとしてドラッグストアがあります ...

中小ドラッグストアへ転職するメリットとデメリットとは?

中小ドラッグストアへ転職するメリットとデメリットとは?

転職先を探していると、数は多くないですが、県内や周辺都 ...

薬剤師の年収、転職は基本給以外の手当に注目するべき?

薬剤師の年収、転職は基本給以外の手当に注目するべき?

転職の際に必ず確認する求人票には、多くの場合基本給が書 ...

薬剤師ママが安心して働ける復帰先、転職先とは?

薬剤師ママが安心して働ける復帰先、転職先とは?

出産や子育てのために仕事を辞めても、需要が高く復帰しや ...

人気&注目度ランキング
薬キャリ

薬キャリ

薬キャリは口コミでも評判が高い薬剤師向け転職サイトで、 ...

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師はマイナビニュースやマイナビ転職でお馴染 ...

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは株式会社メディカルリソースが運営する ...

ファーマキャリア

ファーマキャリア

ファーマキャリアは株式会社アデプティマがサービスを提供 ...

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は求人広告、人材紹介、人材派遣、人材育成 ...

ヤクジョブ.com

ヤクジョブ.com

ヤクジョブ.comはクラシス株式会社が提供する薬剤師に特化 ...