薬剤師転職サイト比較.JAPAN

30代薬剤師、転職する前に確認しておきたい4つのポイント

30代になるとその職場での全ての業務ができるようになり、管理者を任される薬剤師も出てきます。それと同時に職場に不満を持って別の環境で働きたくなったり、自分の将来を見据えて新たなステージを目指すために転職を考える人が多くなる時期です。薬剤師に限らず、結婚や出産をきっかけに転職をする人も多い時期ですね。
そこで今回は30代の薬剤師が後悔せず転職するために、押さえておくべきポイントを4つご紹介します。

転職する目的をはっきりさせる


何となく今の職場が飽きたから…何となく新しいところで働いてみたいから…と転職する理由をはっきりさせないまま転職すると、前の職場への不満を新しい職場にも引きずってしまい、何のために転職をしたのかわからない状態となってしまいます。
転職をしたいと考える原因とそれを解消するためにはどんな職場に転職をすれば良いのか考えましょう。例えば・・・
  • 「多くの症例について勉強できる環境が良い」
    単科門前薬局 → 大学病院門前薬局
  • 「OTCや健康食品についても学びたい」
    一般調剤薬局 → 調剤併設ドラッグストア
  • 「家族が出来たので残業せずに帰りたい」
    薬剤師の人数がギリギリの薬局 → 処方せん枚数に対して余裕のある薬剤師数を配置している薬局
  • 「在宅医療に関わりたい」
    ドラッグストアなど → 在宅参入調剤薬局
まずは転職を考える原因を解消できる求人を探し、その中から給与などその他の条件を見て転職先を絞り混んで行くのが、失敗せずに転職をするために大切なステップです。

薬剤師は男女ともに結婚を想定しておく


30代の薬剤師だけど付き合っている人もいないし、まだまだ結婚なんて…という方も多いと思います。でも、いつどこで素敵な出会いがあるかわかりません。結婚のピークとなる30代に転職をするなら、結婚を想定して転職先を決めるべきです。
あなたが30代の女性の薬剤師であるなら、結婚して家事に時間をかけたいと思ったときに、正社員のまま時短勤務が可能か、もしくはパートに変更したときの待遇は?産休や育休の取得状況についても確認しておきたいところですね。
人事担当者によっては結婚や妊娠について聞くと、すぐに辞めてしまうのではと考えるせいか突然態度が悪くなる人もいるのです。そのような人事担当者がいる企業で安心して産後働くことなどできませんので、選択肢から除外することになります。
あなたが30代の男性の薬剤師であるなら、自分の収入だけで一家を支えることができるか考えてみましょう。専業主婦で頑張りたいという女性もいますし、子供が産まれれば女性はしばらく働けません。
自分のやりたい仕事だけを追いかけて収入が伴わず、いざというときにお金に困るなんてことがないようにしたいですよね。家賃補助など福利厚生の充実している職場を探すのも良いでしょう。

未経験で病院に転職するなら最後のチャンス


病院薬剤師になるのなら基本的には新卒のときに目指すのが良いとされています。その理由は中途採用で病院未経験者を受け入れる病院が非常に少ないからです。
しかし、薬剤師が少ない地域などではまれに未経験可の求人が出ることがあります。ただ、それは長く働いてもらい後々管理者となれる人材を育てることを想定しているので、40代や50代の未経験者を採用するとは思えません。
つまり、病院で働いたことがない薬剤師が、病院勤務を狙うのであれば30代が最後のチャンスと言えます。病院勤務を一度でも経験していれば、その後調剤薬局に戻ったとしても病院に再就職するのも難しくはなくなります。
病院薬剤師を経験せずに終えても良いかどうか、30代の今、立ち止まって考えてみましょう。

転職で重要なのは退職の仕方


30代の薬剤師の転職で何よりも大切なのは、現職の辞め方です。どんなに嫌な人がいても、どんなに嫌な職場だったとしても、きちんと手順を追って周りに迷惑をかけないように退職しましょう。
また、どこかでその職場の人と一緒に働くことがあるかもしれませんし、次の職場の人が前の職場の人と知り合いだった…なんてことも珍しくはないからです。20代なら「来月で辞めまーす」なんてことも出来たかもしれませんが、30代でそれをやってしまうと完全に「問題のある人」です。
予想以上に狭い薬剤師のコミュニティの中で浮いてしまわないように、辞める2か月前には申告し、しっかりと引き継ぎをして気持ちよく退社するようにしましょう。

転職が比較的しやすいと言われている薬剤師の転職市場ですが、30代の転職は次の職場が最後の職場になる可能性もあります。。40代になっても自分の居場所が決まらずあっちにこっちにフラフラ…なんてことにならないように、しっかりと準備をして転職活動をしましょう!
薬キャリ
年間2万人の薬剤師が利用
薬剤師登録者数No.1
年間利用者
2万人以上
コンサルタント満足度
95%
公開求人数
32,000件
非公開求人数
多数
派遣求人
有り
「薬キャリ」の母体は東証一部上場企業エムスリー株式会社(ソニーのグループ企業)が運営する日本最大級の医療専門サイトm3.com。1年間に2万人以上もの薬剤師の方が利用する業界大手の転職支援サービスです。コンサルタント満足度は95%。転職相談だけでもOK。
マイナビ薬剤師
面談によるサポートに強い
利用者満足度No.1
国内に拠点が多く、サポート力には定評あり。公開求人数も4万件以上とトップクラス。
ファルマスタッフ
調剤業界大手
日本調剤(株)グループ提供
調剤業界大手日本調剤(株)グループが提供する薬剤師向け転職支援・派遣サービス。
written by CLC ()
薬剤師求人コラム
薬剤師の転職理由:職場の人間関係が悪化して転職を決断

薬剤師の転職理由:職場の人間関係が悪化して転職を決断

薬剤師の転職理由で多くを占めるのが人間関係です。 薬剤 ...

薬剤師資格があれば未経験でも重宝される求人が沢山ある?

薬剤師資格があれば未経験でも重宝される求人が沢山ある?

薬剤師の資格は取ったものの、大学卒業後にそのまま大学に ...

薬剤師こそ福利厚生を十分に検討して転職先を探すべき

薬剤師こそ福利厚生を十分に検討して転職先を探すべき

薬剤師の場合、福利厚生が理由で転職を考えるということは ...

子供好きの薬剤師は小児科の門前薬局への転職を検討しよう

子供好きの薬剤師は小児科の門前薬局への転職を検討しよう

子供と接していると楽しい、たくさんの子供たちに囲まれて ...

大手ドラッグストアへ転職するメリットとデメリットとは?

大手ドラッグストアへ転職するメリットとデメリットとは?

薬剤師の活躍の場所の一つとしてドラッグストアがあります ...

中小ドラッグストアへ転職するメリットとデメリットとは?

中小ドラッグストアへ転職するメリットとデメリットとは?

転職先を探していると、数は多くないですが、県内や周辺都 ...

人気&注目度ランキング
薬キャリ

薬キャリ

薬キャリはエムスリーキャリア株式会社が提供する薬剤師に ...

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師はマイナビニュースやマイナビ転職でお馴染 ...

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは株式会社メディカルリソースが運営する ...

ファーマキャリア

ファーマキャリア

ファーマキャリアは株式会社アデプティマがサービスを提供 ...

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は求人広告、人材紹介、人材派遣、人材育成 ...

ヤクジョブ.com

ヤクジョブ.com

ヤクジョブ.comはクラシス株式会社が提供する薬剤師に特化 ...

ズバリおすすめは・・・
薬キャリ