薬剤師転職サイト比較.JAPAN

調剤薬局とドラッグストア、求人内容や年収を比較すると・・・

大多数の薬剤師が就職先として選ぶのは病院・調剤薬局・ドラッグストアのどれかです。
他にも企業や大学など様々な選択肢があるのですが、多くの薬剤師は先の3つの中から選ぶと思います。理由として多くの薬剤師が選ぶためどのような仕事なのか周りにリサーチできることや、基本的に特別な能力がなくても就職できることが挙げられると思います。
しかし、メインの就職先である病院は給与が安い割に夜勤などがあり仕事が大変なことから転職を考える人も少なくありません。
そこで病院から転職をするときに、調剤薬局とドラッグストアのどちらを選べばよいのかを考えてみます。

求人内容と仕事内容

調剤薬局の仕事は患者さんが持参した処方せんに基づいて調剤を行い、服薬指導を行うことです。それに対して「病院の指示がなければ何もできない」「薬を渡しているだけ」と勘違いする病院薬剤師もいるのですが、そうではありません。
確かに流れ作業のように薬を渡すだけになってしまっている薬局や薬剤師も一部いるのですが、本来医薬分業における調剤薬局の役割とは「薬局によるダブルチェック」「薬剤師だからこその気づきによる細やかな指導」を行うことです。
処方せんが正しいと思いこまずに内容の全てを疑い本当に正しく必要な薬であるか考え、納得できなければ疑義照会をします。
患者さんとよく話せば「薬が効いていないと思い増量したが、本当は飲んでいないためだった、勝手に調節していた」なんてことがわかったりもします。
薬局薬剤師は病院薬剤師ほど深く医療に携わっていないように感じられるかもしれませんが、病院と患者さんの間に立ってより良い治療のための橋渡し役となることができるんです。
一方ドラッグストアは薬局よりも医療から離れてしまいます。しかし近年医療費が膨れ上がっていることからセルフメディケーションが見直されていますよね。
処方せんに沿っての調剤を行う薬局とは違いドラッグストアの薬剤師は自分で薬を決めることができます。
医師ではないため診断はできませんが、患者さんの症状を判断して一番適していると考えられる薬を勧めることができ、ある意味薬の知識を持つものとして調剤薬局よりもやりがいを感じられるかもしれません。
さらに働きながら健康食品に対する知識を高めることができるのは、ドラッグストアの薬剤師だけです。

調剤薬局とドラッグストアを年収で比較

調剤薬局の年収は400万円~650万円程度です。初任給はドラッグストアよりも高いことが多いのですが、あまり上がらないのが特徴です。
転職の場合は前職の経験や年齢を考慮して決められます。病院で管理職を経験していたり、年齢が高い場合には薬局長や管理薬剤師など管理者候補として雇ってもらえることも可能かもしれません。その場合は管理者手当が入るので少し高くなります。
ドラッグストアの年収は450万円~700万円と幅があります。ドラッグストアは薬局や病院よりも役職が多いため、実績を認められて役職に就くことができれば年収は高くなります。管理薬剤師や店長に留まらず、経営に携わるスーパーバイザーなどになると、さらに高い年収が望めるでしょう。
ただし、病院とは仕事の内容が全く違い経営の能力が高いものが昇進するため、前職の経験があまり考慮されない場合もあります。
企業によって対応は異なるため、転職の際にはいくつかのドラッグストアを比較してみると良いですね。

結局調剤薬局とドラッグストアはどちらがオススメか?

病院薬剤師から転職を考える場合、多くの薬剤師が調剤薬局を選ぶようです。
ドラッグストアは販売員という認識が強く、医療から離れすぎると感じるのかもしれませんね。しかしドラッグストアは病院の仕事とは全く違う分、目新しさで楽しいと感じる方もいるようですよ。
病院薬剤師ならどっちが向いているということもありません。調剤薬局なら病院で培った治療に対する知識が生かせますし、ドラッグストアなら多くの診断やカルテを目にしてきたからこそ適切なOTCを勧めることができるでしょう。
どうしてもどちらが向いているのかわからないと感じるのであれば、調剤併設ドラッグストアを希望するのも良いですね。転職の際に、どちらも経験してみたい、体験してみたいと申し出れば希望に沿った配置をしてくれたり、体験期間を設けてくれる場合もあります。
忘れないで欲しいのはどちらを選んでも病院薬剤師は転職先で長続きしない傾向にあるということです。
それは心の中で病院薬剤師の方が格上‥と思い込んでおり、病院で働いたことのない薬剤師を無意識のうちに見下してしまうため周りとうまくいかないからです。
「病院ではこうだった」「病院ならこうできた」などと病院薬剤師の方が優れていると思っていると感じさせるような発言は絶対にしないでくださいね。
新しい世界に飛び込むのであれば、そこでは自分が一番の新人であることを意識して働けば、どこでも楽しく働くことができるでしょう!
薬キャリ
年間2万人の薬剤師が利用
薬剤師登録者数No.1
年間利用者
2万人以上
コンサルタント満足度
95%
公開求人数
32,000件
非公開求人数
多数
派遣求人
有り
「薬キャリ」の母体は東証一部上場企業エムスリー株式会社(ソニーのグループ企業)が運営する日本最大級の医療専門サイトm3.com。1年間に2万人以上もの薬剤師の方が利用する業界大手の転職支援サービスです。コンサルタント満足度は95%。転職相談だけでもOK。
マイナビ薬剤師
面談によるサポートに強い
利用者満足度No.1
国内に拠点が多く、サポート力には定評あり。公開求人数も4万件以上とトップクラス。
ファルマスタッフ
調剤業界大手
日本調剤(株)グループ提供
調剤業界大手日本調剤(株)グループが提供する薬剤師向け転職支援・派遣サービス。
written by CLC ()
薬剤師求人コラム
アルバイト薬剤師が正社員に転職する際に気をつけたい3つのポイント

アルバイト薬剤師が正社員に転職する際に気をつけたい3つのポイント

子供が成長して大きくなってくると、そろそろ仕事に割く時 ...

認定薬剤師・専門薬剤師の資格(23種類)でスキルアップ&収入アップ

認定薬剤師・専門薬剤師の資格(23種類)でスキルアップ&収入アップ

薬剤師としてのスキルを磨き、将来的な収入アップを確実な ...

患者さんとしっかり向き合って働ける職場に転職したい

患者さんとしっかり向き合って働ける職場に転職したい

調剤した薬の説明をして、薬を渡して終わり!ではなく、し ...

薬剤師の転職理由:職場の人間関係が悪化して転職を決断

薬剤師の転職理由:職場の人間関係が悪化して転職を決断

薬剤師の転職理由で多くを占めるのが人間関係です。 薬剤 ...

薬剤師資格があれば未経験でも重宝される求人が沢山ある?

薬剤師資格があれば未経験でも重宝される求人が沢山ある?

薬剤師の資格は取ったものの、大学卒業後にそのまま大学に ...

薬剤師こそ福利厚生を十分に検討して転職先を探すべき

薬剤師こそ福利厚生を十分に検討して転職先を探すべき

薬剤師の場合、福利厚生が理由で転職を考えるということは ...

人気&注目度ランキング
薬キャリ

薬キャリ

薬キャリはエムスリーキャリア株式会社が提供する薬剤師に ...

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師はマイナビニュースやマイナビ転職でお馴染 ...

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは株式会社メディカルリソースが運営する ...

ファーマキャリア

ファーマキャリア

ファーマキャリアは株式会社アデプティマがサービスを提供 ...

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師

リクナビ薬剤師は求人広告、人材紹介、人材派遣、人材育成 ...

ヤクジョブ.com

ヤクジョブ.com

ヤクジョブ.comはクラシス株式会社が提供する薬剤師に特化 ...

ズバリおすすめは・・・
薬キャリ