薬剤師転職サイト比較.JAPAN

本当は教えたくない!? 調剤薬局で働く薬剤師が高年収を得る為のたった2つの方法

年収アップのポイントとは?

調剤薬局で働く薬剤師の平均年収は、残業時間や勤務地の違いなど、条件が非常に複雑なため、正確に割り出すのは難しいものですが、全国の薬剤師の平均年収はだいたい550万円前後だと言われています。

当サイトにも薬剤師全体の平均年収に関するデータをまとめたコンテンツがありますので、興味がある方はご参照ください。

ただ、人によっては700~800万円以上の年収で働かれている方もいらっしゃいます。平均年収よりも200万円近く多くもらっている薬剤師の方がいるということです。スゴイですよね。そのような方はいったいどのようにして高年収を手にすることができたのでしょうか。

今回はこの記事を読んでいただいているみなさんにだけコッソリとお教えしたいと思います。

ポイント1:高年収を得るためには、『まず転職』

まず現状の年収からアップさせようと思われるのであれば、まず転職を検討してみてください。

新卒で年収400万~500万円台でスタートした方にとっては、転職することによって年収をアップさせるのはほぼ確実だと言っていいでしょう。むしろ転職しないと年1回の昇給を待って少しずつアップしていくという地道な作業を続けるだけになってしまいます。

とは言え昇給って、少ないですよね…。

世間ではまだまだ薬剤師不足の地域が多く、今にも有望な薬剤師が入社してきてくれるのを心待ちにしている薬局がたくさんあります。そして入社してもらうために多少無理をしてでも高年収の提示を考えているといった薬局も数えきれません

もちろんブラック企業と言われるような薬局もまだまだ存在していますので転職する際には慎重に職場選びをしなければなりませんが、優良企業であっても転職希望者が少ないがために薬剤師不足で現場がひっ迫しているような薬局は数多く存在しているのです。そのような薬局においては、確実に高年収が期待できます。

ちなみにみなさんはこのような広告を見かけられることはありませんか?

『年収700万円以上、土日休み、残業少なめ』

まあネットでいろんな調べ物をしていると、目にするような広告ですよね。

でもこのような広告を見ても、「そんな企業があればみんなそこに転職してるよ」って少し不振に思ってしまいませんか?確かにそのすべての条件を満たすような職場を探すのは少し難しいかもしれません。

しかし、年収700万円に限りなく近いか、それ以上の求人が絶えず募集されている状況は、実はどんな時期でもあまり変わってはいません。つまりこういった広告は噓ではないんです。そしてタイミングよく応募することができた薬剤師の方が実際に年収700万円以上の高年収を手にしているのです。

まあ、400万円の年収からいきなり700万円以上の年収にアップするのは難しいかもしれませんが、探すタイミングやみなさんの経験・スキルなどによっては転職することで現状の給料より100万円近くアップさせることも可能です。少しでも気になるという方は、まずはどんな職場があるのか転職サイトに相談してみると良いでしょう。

一般企業においてはなかなか難しいものですが、薬剤師の業界においては、『コツコツ』よりも『転職』が実は一番手っ取り早い年収アップの近道なんですよ。

もし仮に、以前の転職活動において、「もうこれ以上高年収の職場はなかなか見つからないと言われた」という方であっても、時が経ち、場所が変わればまた新たな案件が出てきているものです。「とにかく年収アップを目指したい」という方にとって、そのような情報を逃してしまうのは非常にもったいないもの。常にいろんなところにアンテナを張っておき、高年収の募集がかかればすぐにでも紹介してもらえるように、日頃から情報収集をしておくように心掛けておいてください。

ポイント2:『昇格』を見極める

ポイント1では高年収を得るためには『まず転職』とお話してきましたが、今の職場で明らかに近い将来空くポストがあり、みなさんがそのポジションに限りなく近い存在であって、かなりの年収アップが見込めるのであれば転職を選択するのはもったいない可能性があります。そのような場合はしっかりとそのポジションに向かって努力すべきでしょう。

ただし昇格によって得られる年収も職場によってかなりのバラツキがあります。じゅうぶんに満足のいく収入が得られるのであれば良いのですが、思ったよりも高年収ではない上に、残業手当が付かなくなるようなこともあるのです。そして残業手当が付かないのをいいことに、朝から晩まで会社に缶詰め状態にされてしまう可能性も…。

そんなことになってしまっては、それなりに高収入を得られていてもプライベートな時間がなくなってしまい、何のために働いているのかわからなくなってしまいかねません。そしてそんな状況が嫌になって転職を思い立ったときには時すでに遅し…。薬剤師飽和時代が到来してしまっている可能性は否定できません。そうなってしまっては、年収アップどころか年収ダウンになってしまいます。そのような状況だけは絶対に避けたいですよね。

ポイントは、今の職場・昇給・昇格などにあまりこだわりすぎないこと。特に昇格についてはしっかりと見極めておく必要があります。今の職場の上司の働き方、みなさんは真似することができますか?

今いる環境だけがすべてではありません。たくさんの選択肢の中から選べるようにしておき、より良い方法が見つかれば実際に行動に移すことも大切なのです。

もちろん転職だけがすべてではありませんが、冷静に将来を見据えていただき、より良い選択ができるようにしておいてくださいね。

現職場で魅力的なポストが狙えないのであれば、待っていても年収は上がらない

いかがでしたでしょうか。

今の年収であまり満足していないという方は、少しでも参考にしていただくことができましたでしょうか。

地域によっては薬剤師飽和時代の影がが少しづつチラついてきているようなところもあり、将来的には転職によって高収入を得るのが難しくなってくるような地域も存在するでしょう。

もし転職を検討されているのであれば、人知れずコッソリと転職活動を開始してみてください。きっとまだまだ高年収の職場が眠っていることでしょう。

情報収集だけはしておきましょう! 働きながら調査するには・・・
薬キャリ
「薬キャリ」の母体は東証一部上場企業エムスリー株式会社(ソニーのグループ企業)が運営する日本最大級の医療専門サイトm3.com。1年間に2万人以上もの薬剤師の方が利用する業界大手の転職支援サービスです。コンサルタント満足度は95%。転職相談だけでもOKなので、現在の職場で普通に働きながら高年収の求人をリサーチするにはピッタリです。
マイナビ薬剤師
国内に拠点が多くサポート力に定評あり。年収アップに絞って相談してみましょう。
ファルマスタッフ
調剤業界大手日本調剤(株)グループが提供。調剤の求人数が多く高年収求人が見つけやすい。
written by EBTR ()
薬剤師求人コラム
今更聞けない?薬剤師が転職サイトを利用するメリットとデメリット

今更聞けない?薬剤師が転職サイトを利用するメリットとデメリット

『薬剤師転職サイトは便利だ』という記事や広告はよく目に ...

診療報酬改定で何が変わった?これからの転職市場で求められる薬剤師とは?

診療報酬改定で何が変わった?これからの転職市場で求められる薬剤師とは?

2018年4月の診療報酬改定において、医科、歯科、調剤を合 ...

年収交渉は薬剤師転職エージェントに任せるべき!自分で交渉する難しさとそのリスク

年収交渉は薬剤師転職エージェントに任せるべき!自分で交渉する難しさとそのリスク

薬剤師として働かれている方の中には、「年収がもう少し高 ...

50代・60代ベテラン薬剤師の転職:調剤薬局の現場で求められる人物とは?

50代・60代ベテラン薬剤師の転職:調剤薬局の現場で求められる人物とは?

調剤薬局の現場において求められる人物像について、みなさ ...

調剤薬局とドラッグストアで全く違う?職場別にみる管理薬剤師の業務内容

調剤薬局とドラッグストアで全く違う?職場別にみる管理薬剤師の業務内容

管理薬剤師とひとことで言っても、職種や会社によってその ...

大手と中小企業、ブラックな調剤薬局はどっち?転職の際に注意したい3つのポイント

大手と中小企業、ブラックな調剤薬局はどっち?転職の際に注意したい3つのポイント

転職を検討中のみなさんは、大手と中小のどちらに転職しよ ...

人気&注目度ランキング
薬キャリ

薬キャリ

薬キャリはエムスリーキャリア株式会社が提供する薬剤師に ...

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師はマイナビニュースやマイナビ転職でお馴染 ...

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは株式会社メディカルリソースが運営する ...

ファーマキャリア

ファーマキャリア

ファーマキャリアはエニーキャリア株式会社がサービスを提 ...

お仕事ラボ

お仕事ラボ

お仕事ラボは株式会社AXISが提供する薬剤師転職支援サービ ...

ヤクジョ

ヤクジョ

ヤクジョはジェイネクスト株式会社が提供する薬剤師向け転 ...

情報収集だけはしておきましょう! 働きながら調査するには・・・
薬キャリ