薬剤師転職サイト比較.JAPAN

薬剤師の転職:最後の転職にするために。今、しっかりと考えておきたいこと

転職についてゆっくり考えるイメージ

薬剤師は引く手あまた。たとえ退職したとしてもまたすぐに次の働き口が見つかる。

これはわれわれ薬剤師業界の常識であり、世間的にはうらやましがられる限りの状況なのではないかと思いますが、「またダメなら転職すればいいや」なんて考えを持っている方は実際どれぐらいいらっしゃるでしょうか?

「もう転職を繰り返したくない」「次の転職先では落ち着きたい」というのが転職を検討されているみなさんのホンネなのではないでしょうか。

そこで今回は薬剤師として最後の転職にするために、今、しっかりと考えておいていただきたいことについてお話ししていきたいと思います。

目の前の希望条件よりも大切なことにしっかりと目を向けておくこと

薬剤師に限ったことではありませんが、どうしても人は目の前の物事に意識をとらわれてしまいがちです。

例えば給料に不満があって転職を決意された場合、勤務条件はさほど変わらないのに、年収が100万円近くアップするような職場に転職できることがわかれば、思わず飛びついてしまいたくなりますよね。もしくは年間休日105日だった方がもっと休める職場が良いと思い、年間休日125日の企業の求人を見つけたとしたら「20日も休みが増えるなんて、それだけでも転職する価値アリだな~」なんてふうに考えてしまったりもしますよね。

確かに条件は大切ですし、それが納得のいくものであれば転職するというのもひとつの考え方でしょう。しかし10年後、20年後はどうでしょうか。転職時には100万円アップした給料も、昇給率が低ければそれ以上なかなか上がらなかったりするケースもあります。年間休日だって転職してしまえばそれが当たり前になってしまい、また違ういろんな不満がどんどん出てくるかもしれません。

「薬剤師として最後の転職にしたい」とお考えの方にとって大切なことは、やはり目先の希望条件だけを考えるのではなく、定年退職する時まで昇給なども含め、長い目で見て働き続けていられる職場であるかどうかということをしっかりと考えておくことです。

これをおろそかにしてしまうとまた必ず何かしらの不満が出てきてしまいます。

例えば全国展開しているような大型チェーンの調剤薬局やドラッグストアで考えてみましょう。全国どこへでも飛び回れるぐらい身が軽い方にとっては、そのことで出世への道が簡単に切り拓けるような会社も実際には存在します。しかし将来、結婚し子供ができた場合同じ働き方ができるでしょうか。

「転勤なく一つの場所で身を固めたい」と会社に相談した途端、そのような会社ではなかなか昇給が難しくなったり、たちまち立場を失ってしまうようなことにもなりかねません。そしてまた転職を余儀なくされる…なんてことにも繋がってしまいます。

このように、今の状況だけですべてを決めてしまうのではなく、遠い未来のことまできちんと思いを巡らせておき、本当にその会社で薬剤師として長く働き続けることが可能かどうかということをきちんと見極めていただく必要があるでしょう。

思い通りにならないことはきっとある

最後に大切なことをお話ししておきたいと思います。それは『完璧な転職先は無い』ということです。転職サイトなどに登録されて希望条件をお話しし、様々な求人票を目にされていると「これだ!」と思えるような求人にも出会われることでしょう。

そして面接に行ってみてさらに印象が良く、何の問題も見つからなかったとします。そのような場合、みなさんが入社されるまでは理想的で完璧な会社に見えるかもしれませんが、みなさんが入社されることによってその会社は確実に環境が変わります。そして周りの方の過ごし方にも変化が生まれます。そんななかで、思い通りにならないことはきっと出てきます。

そんな時に「思っていたのと違う…!」と感じてしまい、そこでまた転職を意識してしまうのではなく、その場で解決できるようにまずは考えることです。「面接の時に聞いていた話と違う」という状況は多かれ少なかれ長い間働いていると必ず訪れます。それはどんな会社に行ったとしても確実に訪れるものだと思っておいて下さい。

ご自身の希望条件は確かに大切です。

しかし、みんなが自分の希望を100%通しているような会社は存在しません。何かしらの我慢や譲り合い、助け合いがそこにはやはり必要なのです。

みなさんが転職されることによってその職場は確実に大きく変化するのです。そしてその変化をスタッフの方は受け止め、さらに職場は変化していきます。

みなさん自身もその変化を受け入れ、いかに順応していくことができるか。そのことが最も大切であり、転職の際にはしっかりと考えておいて欲しいことなのです。

転職に有利な薬剤師であっても柔軟に対応することも必要

いかがでしたでしょうか。転職を検討されている方は参考にしていただくことができましたでしょうか。

みなさんの納得のいく条件や環境で働かれることはとても大切ですが、長い目で見て環境の変化にも柔軟に対応できるような覚悟をもって転職されることで、転職を繰り返さずに長い間働き続けることが可能になるでしょう。

それではより良い会社にめぐり会っていただけますように心よりお祈りしています!

薬キャリ
年間2万人の薬剤師が利用
薬剤師登録者数No.1
年間利用者
2万人以上
コンサルタント満足度
95%
公開求人数
50,000件
非公開求人数
多数
派遣求人
有り
「薬キャリ」の母体は東証一部上場企業エムスリー株式会社(ソニーのグループ企業)が運営する日本最大級の医療専門サイトm3.com。1年間に2万人以上もの薬剤師の方が利用する業界大手の転職支援サービスです。コンサルタント満足度は95%。転職相談だけでもOK。
マイナビ薬剤師
面談によるサポートに強い
利用者満足度No.1
国内に拠点が多く、サポート力には定評あり。公開求人数も4万件以上とトップクラス。
ファルマスタッフ
調剤業界大手
日本調剤(株)グループ提供
調剤業界大手日本調剤(株)グループが提供する薬剤師向け転職支援・派遣サービス。
written by EBTR ()
薬剤師求人コラム
転職か現在の職場で昇給を狙うか?薬剤師の年収アップに有利なのは?

転職か現在の職場で昇給を狙うか?薬剤師の年収アップに有利なのは?

毎日忙しく働かれている薬剤師のみなさん、ホント毎日お疲 ...

薬剤師の転職:最後の転職にするために。今、しっかりと考えておきたいこと

薬剤師の転職:最後の転職にするために。今、しっかりと考えておきたいこと

薬剤師は引く手あまた。たとえ退職したとしてもまたすぐに ...

転職に失敗する薬剤師の行動パターンとは?転職成功の為の3つのコツ

転職に失敗する薬剤師の行動パターンとは?転職成功の為の3つのコツ

みなさんも実際に経験はありませんか? 入社してきたと思 ...

マンネリ化に悩む薬剤師の方必見!社内制度に頼らないキャリアアップとは?

マンネリ化に悩む薬剤師の方必見!社内制度に頼らないキャリアアップとは?

毎日同じような調剤業務をこなしながら週末を待ちわび、ふ ...

30代薬剤師の転職、失敗しない為に優先すべき点と諦めるべき点とは?

30代薬剤師の転職、失敗しない為に優先すべき点と諦めるべき点とは?

30代になると40代、50代になった時のことを考えて、「転職 ...

転職するメリットとデメリットを比較:大手調剤薬局と中小企業の調剤薬局

転職するメリットとデメリットを比較:大手調剤薬局と中小企業の調剤薬局

調剤薬局への転職をお考えのみなさんは、大手調剤薬局か中 ...

人気&注目度ランキング
薬キャリ

薬キャリ

薬キャリはエムスリーキャリア株式会社が提供する薬剤師に ...

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師はマイナビニュースやマイナビ転職でお馴染 ...

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは株式会社メディカルリソースが運営する ...

ファーマキャリア

ファーマキャリア

ファーマキャリアはエニーキャリア株式会社がサービスを提 ...

お仕事ラボ

お仕事ラボ

お仕事ラボは株式会社AXISが提供する薬剤師転職支援サービ ...

ヤクジョ

ヤクジョ

ヤクジョはジェイネクスト株式会社が提供する薬剤師向け転 ...

ズバリおすすめは・・・
薬キャリ