薬剤師転職サイト比較.JAPAN

転職理由:職場の雰囲気や薬剤師としての理念が合わないと感じた時は転職しかない?

転職成功or失敗

毎日足を運ぶ職場。出勤する前に「気が重いなぁ…」なんて感じるようなことはありませんか? 特に休日明けなんて、今日から仕事だと思うとうんざりしてしまいますよね。まあ薬剤師に限らず誰でもそんな気持ちになられたことはあるとは思うのですが、みなさんは今の職場に対して、「雰囲気があまり好きではない」と感じていたり、「薬剤師として自分自身が目指す方向に合っているのかな?」と悩まれたりされているのではないでしょうか。

せっかく薬剤師にはなったものの、薬剤師としてイメージしていた働き方とかけ離れている今に対してやりきれない思いを抱えられているとしたら、それは素直に嫌ですよね。果たして我慢し続ける必要があるのでしょうか。

今回は職場の雰囲気や薬剤師としての理念が合わないと感じた時に考えていただきたいことについてお話ししていきたいと思います。

薬剤師が働く職場の雰囲気

さて、薬剤師である皆さんの理想の職場とはどのようなものでしょうか。少し考えてみてください。職場の雰囲気が和気あいあいとしていて楽しく働けるような職場なのか、それともメリハリのある、時にはピリッとした空気のある職場が良いと感じていらっしゃるのでしょうか。

正直、この“職場の雰囲気”というものは時間とともに変化していくものであり、理想を追い求めていても現実にはそううまくはいかないことが多いものです。仮に理想的な雰囲気で働けていたとしても、新しい薬剤師が転職してきたり、親しくしていた人が退職してしまってはまた雰囲気も変わってしまうものです。そのようなことから、あまり理想を追い求めすぎるのは限界があることをまずは理解していただく必要があるでしょう。

ただ、今現在働いている職場の雰囲気が最悪だと感じているのであれば、無理にその場に居続ける必要もありません。そのことがストレスで体調を崩してしまっては元も子もありませんから環境を変えることを考えましょう。だからといってすぐに転職となるとかなりの労力を要しますし、またイチから人間関係を構築していかなければなりませんので、まずは配置転換などの相談をされることをオススメします。求人が多い薬剤師であっても転職は安易に考えるほど簡単なものではありません。

『転職した先の職場が雰囲気の最悪な職場だった』なんてことも考えられますからね。そこは慎重に行動するようにしてください。

企業理念と薬剤師としての理念

さて次に、薬剤師としてどうありたいか、どうあるべきかという話をしましょう。正直、みなさんがお考えの薬剤師としての理念と合致するような会社に身を置くことが理想的ですよね。

まあこれは会社によってまちまちであはありますが、薬剤師として描いた理想とかけ離れた職場を初めから選ばれる方はいらっしゃらないでしょう。基本的に「この会社の企業理念なら長く続けられそうだ」と感じたうえで働く会社を選ばれるものだと思います。

ただ時の流れとともに企業理念や皆さんさん自身の考え方も変わっていくものです。結婚をする前と後、お子さんの存在の有無によっても薬剤師としての考え方や生活スタイルは大きく変わることでしょう。

そのあたりを踏まえていただいた上で薬剤師としてどうあるべきか、会社の考え方や理念と一致するかどうかということを考えていただく必要があります。

転居を伴う異動があるのかないのかということも関係してくるでしょうし、そのあたり柔軟に対応してくれるような会社を選ぶことも大切です。そのうえでその時置かれているみなさんの状況が、転職によってより良いものになるのであれば転職を検討される方がよいでしょう。

会社は皆さんに合わせてくれるばかりではありません。そのことも十分に考えていただいた上で最良の選択をしていただく必要があるのではないでしょうか。

今の職場がすべてではない

最後に今皆さんが薬剤師として働かれている会社、職場がすべてではないということをお話ししておきたいと思います。

特に薬科大学卒業から一貫して同じ会社で働かれている方にとっては、社会人になってからその職場しか経験されていませんので、あたかもそれが世の中のスタンダードであるかのように考えられている方もいらっしゃるのではないでしょうか。先輩や上司からは「転職しても結局はどこも一緒だよ」というような言い方をされ、その言葉を文字通り受け取ってしまうような方もいらっしゃるでしょう。

しかし、今の職場だけがすべてではありませんし、先輩や上司の言葉などその人の世界観で語られているに過ぎません。その会社のやり方や考え方があたかも世の中のすべてであるかのように感じてしまっているような方は、一度、外の世界を見ていただければ良いのではないかと思います。

特に働き方改革という名のもと、副業を認める会社も徐々に増えてきました。転職するほどまだ気持ちの踏ん切りが付かないという方は、他の職場にバイトとして出てみるのも良いでしょう。薬剤師であれば簡単にバイト先は見つけられますし、派遣などで短期で働くことも可能です。

このように外の世界も見ていただいた上で、今の職場で働き続けるのか転職すべきかを考えていただくというのも良いのではないでしょうか。

薬剤師であれば転職を含め選択肢は色々

いかがでしたでしょうか。

転職は長い人生においても大きなイベントのひとつです。しっかりと時間をかけて悩んでいただいても良いことですし、実際にご自身で見て、感じられたことこそ大切にしていただきたいものです。

そのなかで自分には合わないと感じられるようであれば転職もひとつの選択肢となりうるでしょうし、転職することによって開ける世界もあるでしょう。少しでも今回の記事を参考にしていただき、より良い環境で働いていただくことができましたら幸いです。

薬キャリ
年間2万人の薬剤師が利用
薬剤師登録者数No.1
年間利用者
2万人以上
コンサルタント満足度
95%
公開求人数
50,000件
非公開求人数
多数
派遣求人
有り
「薬キャリ」の母体は東証一部上場企業エムスリー株式会社(ソニーのグループ企業)が運営する日本最大級の医療専門サイトm3.com。1年間に2万人以上もの薬剤師の方が利用する業界大手の転職支援サービスです。コンサルタント満足度は95%。転職相談だけでもOK。
マイナビ薬剤師
面談によるサポートに強い
利用者満足度No.1
国内に拠点が多く、サポート力には定評あり。公開求人数も4万件以上とトップクラス。
ファルマスタッフ
調剤業界大手
日本調剤(株)グループ提供
調剤業界大手日本調剤(株)グループが提供する薬剤師向け転職支援・派遣サービス。
written by 編集部 ()
薬剤師求人コラム
転職理由:職場の雰囲気や薬剤師としての理念が合わないと感じた時は転職しかない?

転職理由:職場の雰囲気や薬剤師としての理念が合わないと感じた時は転職しかない?

毎日足を運ぶ職場。出勤する前に「気が重いなぁ…」 ...

転職する薬剤師が面接でアピールすべきこと、伝えるべきこと、聞かれること

転職する薬剤師が面接でアピールすべきこと、伝えるべきこと、聞かれること

転職活動をする上で面接は避けて通ることのできないもので ...

薬剤師がドラッグストアなど他の職場から調剤薬局へ転職する際に気をつけるべき点

薬剤師がドラッグストアなど他の職場から調剤薬局へ転職する際に気をつけるべき点

調剤薬局への転職を検討されている方の中には、「未経験だ ...

小規模な薬剤師転職サービスがあまりオススメできない理由とは?

小規模な薬剤師転職サービスがあまりオススメできない理由とは?

薬剤師転職サービスについて、どこに登録すれば良いか迷う ...

転職か現在の職場で昇給を狙うか?薬剤師の年収アップに有利なのは?

転職か現在の職場で昇給を狙うか?薬剤師の年収アップに有利なのは?

毎日忙しく働かれている薬剤師のみなさん、ホント毎日お疲 ...

薬剤師の転職:最後の転職にするために。今、しっかりと考えておきたいこと

薬剤師の転職:最後の転職にするために。今、しっかりと考えておきたいこと

薬剤師は引く手あまた。たとえ退職したとしてもまたすぐに ...

人気&注目度ランキング
薬キャリ

薬キャリ

薬キャリはエムスリーキャリア株式会社が提供する薬剤師に ...

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師はマイナビニュースやマイナビ転職でお馴染 ...

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは株式会社メディカルリソースが運営する ...

ファーマキャリア

ファーマキャリア

ファーマキャリアはエニーキャリア株式会社がサービスを提 ...

お仕事ラボ

お仕事ラボ

お仕事ラボは株式会社AXISが提供する薬剤師転職支援サービ ...

ヤクジョ

ヤクジョ

ヤクジョはジェイネクスト株式会社が提供する薬剤師向け転 ...

ズバリおすすめは・・・
薬キャリ