転職して年収1,000万円を目指すことは可能?職場別の薬剤師平均年収と薬学部6年制の影響

給料が「安定している」と言われる薬剤師。しかし一方で、「昇給しない」というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

初任給は高いけれど、年収1,000万円に到達するのは難しい。そこで今回は、薬剤師で年収1,000万円になるにはどのような方法があるのか、をテーマにしています。

薬剤師の平均年収は?

薬剤師の平均年収はどのくらいなのでしょうか。薬剤師の平均年収につきましては当サイトでも特集コンテンツがありますので、宜しければご参照ください。

薬剤師の勤務先は大きく分けて4つに分かれ、各業界の年収の目安は以下のようになります。

職場 年収目安
調剤薬局 約400~650万円
ドラッグストア 約400~700万円
病院 約400~700万円
製薬会社 約400~800万円以上

この中で、転職すて高給を狙うとしたら、ドラッグストアか製薬会社がお勧めです。

初任給が高めの設定となるドラッグストアですが、新卒を大量採用して、1店舗の配置数が少人数で、管理薬剤師に短期で昇格できる企業が多いのが特徴です。管理薬剤師手当てがつけば、年収700万~800万円になる企業もあります。

エリアマネージャーなどの役職にまで出世すれば、年収1,000万円の大台も可能です。

また、薬剤師の資格がなくてもなれますが、製薬会社のMRも高給です。厳しい営業成績が求められますが、結果を残せば高い報酬を得ることができます。
課長クラスでは1,000万円以上、大手の製薬会社ならば1,500万円近い年収を得ることも期待できます。

このように、出世をしていけば年収1,000万円を超える可能性はあります。

では、一般の薬剤師で年収1,000万円を超えるにはどうしたらよいのでしょうか。一つの方法は、「地方都市で薬剤師として働く」ことです。なぜ地方なのでしょうか。

地方で深刻な薬剤師不足

一般的に、他の業種での給料は都会>地方ですが、薬剤師は地方>都会となります。

なぜなら、地方では深刻な薬剤師不足が起きているからです。

2003年以降、薬科大学の新設ラッシュが起き、薬学部は全国で46校から70校以上に急増しました。これにより、「薬剤師が過剰になる」「薬剤師の給料が下がる」と予想されていました。しかし、実際は地方を中心に未だに薬剤師が不足しています。

その原因は、薬学部6年制に伴う国家試験の難化です。

4年制の頃は75%を超えていた合格率が、2014年からは60%台に急落しています。この理由は「薬剤師の質を高めるため」とされていますが、「薬剤師の人数を増やさないため」ともいえます。とも言われています。

その結果、どこの企業でも薬剤師が足りず、特に地方の小さな薬局では薬剤師不足が深刻です。経営が成り立たないほど困っている企業もあります。そのため、深刻な地域では急募の案件では1,000万近い求人案件もあったりします。

つまり、

  1.  地方で
  2.  薬剤師の少ない地域(薬科大学がない等)で
  3.  3店舗以下の小さな薬局

であれば、管理薬剤師で1,000万円を超える可能性があります。もし住む地域にこだわらないのであれば、そういった働き方も一つあるのではないでしょうか。

都道府県別の薬剤師の平均年収はこちらのコンテンツでもまとめてありますので、興味がある方はチェックしてみてください。

高収入の求人を探すなら、薬剤師転職サイトの登録は必須です。

複数のサイトに登録することで、よりよい案件を見つけることができます。また、年収交渉をキャリアコンサルタントに任せることで、希望の条件で入社できるかもしれませんので、有効に活用しましょう。

派遣薬剤師で年収アップ?派遣薬剤師のメリットとデメリット

近年は医療関係でも派遣業務が増えてきており、さまざまな働き方が選べるようになってきました。その中でも、薬剤師の派遣を求める調剤薬局やドラッグストアが増え、薬剤師の資格を持っている方にとって仕事の幅が広がっています。

派遣薬剤師は時間が自由に使え、他の業種に比べると待遇が良くなっています。しかし、良いことばかりとは限りません。ここでは、派遣薬剤師のメリットとデメリットについてまとめます。

派遣薬剤師のメリット

自由に時間が使える

薬剤師として正社員になると、調剤薬局やドラッグストアの営業時間を超えても薬剤の整理や発注業務、書類精査や残作業が多く残っています。そのため、残業が当たり前となっており、場所によっては残業代が出ないところもあります。

その点、派遣薬剤師であれば働く時間を自由に設定することができるため、結婚や出産をした女性に人気があります。子供が急に熱を出した時にも正社員と比較すれば休みやすく、家庭を第一に考えた上で薬剤師として働くことができるようになります。

他業種と比較して時給が高い

一般的なアルバイトやパートであれば、時給は1,000円前後が相場です。派遣業務であれば、1,300円~1,600円といったところでしょうか。

しかし、薬剤師としての派遣の場合は時給が2,800円~4,000円と高額になっているため短時間でも他業種と比較して多く稼ぐことができるのです。週5日、7時間働く人と同じだけの収入を得るためには、週3日、4時間働くだけでいいのです。

転職しやすい

正社員と比較すると、派遣薬剤師は退職しやすい環境です。自由に時間が使えるのと同じように、旦那さんの転勤などにも付いていくことができるようになります。

旦那さんが転勤が多くてなかなか仕事にありつけない人に比べると、自由度はかなり高いと言えます。ドラッグストアであれば、退職後も同じグループ店舗に推薦してもらうことができますし、転職先でも優遇されます。

様々な経験ができる

調剤薬局とドラッグストアで仕事の方法は違いますし、また店舗によっても仕事内容は変わります。薬剤師として様々な経験を積んでいきたい人は、派遣薬剤師を選択するといいでしょう。

正社員のように深い仕事はできませんが、派遣として様々な業務を経験し、自分が目指すべきキャリアアップの道を見定めることができます。

ストレスを軽減できる

派遣薬剤師になって働くと、派遣先の会社から仕事の指示を受けることになりますが、何か悩み事や困ったことがあれば、派遣会社を頼ることができます。

普段の困りごとは指揮命令者に相談し、言いにくいことは派遣会社から言ってもらえるので余計なストレスが溜まりません。勤務条件についての交渉も派遣会社が動いてくれますので、守られた中で働くことができるのです。

派遣薬剤師のデメリット

派遣薬剤師は時給制になります。そのため、正社員のような賞与がもらえないのがデメリットの1つです。

また、時間についての割り切りができる反面、正社員にしかできない重要な業務はさせてもらえません。

長く働きたいと思っていても、景気の影響や新しい人材の投入によって、真っ先に契約解除させられるのもアルバイトや派遣薬剤師ということになりますね。

まとめ

いかがだったでしょうか?

派遣薬剤師として働くことで、自由に時間を使える事スケジュールを立てることができ、ストレスも溜まりにくくなります。派遣社員としてのデメリットもありますが、経済環境や家庭環境を考えた上で、何を優先にして働くのかを考えるようにしましょう。