ドラッグストアへの転職:知っておきたい薬剤師の仕事内容と年収目安

転職先活動をしていると求人数の多いドラッグストアでの仕事とは、どんなものなのだろうと気にしている薬剤師の方も多いと思います。あちらこちらに出店をしているドラッグストアチェーンでは薬剤師が不足しています。

ドラッグストアでの仕事内容とはどんなものなのでしょう。

1. 調剤併設は運営企業の方針により仕事が異なる

調剤併設型の場合は、保健所への届け出がOTC販売店舗と別々の場合は、調剤薬局扱いになるため勤務時間や売上の管理も別になり、OTC販売に関わることがなく、仕事内容は調剤薬局と同じになります。

【仕事内容】

  • 処方箋鑑査
  • 保険証番号の確認
  • 調剤
  • 服薬指導(重複薬や相互作用の確認)
  • 薬歴管理
  • 医師への疑義照会 ・・・など

保健所への届け出がOTC販売店舗と同一の場合は、運営企業の方針により異なります。調剤に専念する場合、お客様からの問い合わせがあった時のみ対応をする場合、調剤とOTCの対応、レジ打ちや日用品の品出しも行う場合があります。

調剤とOTCを兼任するオールラウンダーとして働く場合は、切り替えの早さや調整能力の高さが問われます。

【仕事内容】

  • 処方箋に基づく調剤
  • 服薬指導
  • 薬歴管理
  • 処方箋の内容確認
  • お客様の症状によって市販薬の提供
  • 同じ効果のある薬に対して、何が違うのかなどの商品説明
  • サプリメントやダイエット食品に関する相談
  • 日用品などの商品を倉庫から出して陳列
  • 日用品のレジ打ち ・・・など

2. 商品の配列により仕事内容が異なる

OTC販売専門のドラッグストアは、商品の配列により仕事内容がことなります。ドラッグストアには、第1類医薬品をお客様が手に取って選べる店舗と、レジカンター内に陳列されている場合があります。

第1類医薬品をお客様が手に取って選べる店舗では、第1類医薬品に関する問い合わせ対応やアドバイスのみの対応を行い、基本的にはレジ打ちや品出し等は行いません。
混雑時は忙しくなる時もありますが、空いている時間は自分のペースで仕事ができます。

【仕事内容】

  • お客様の症状によって市販薬の提供
  • 同じ効果のある薬に対して、何が違うのかなどの商品説明
  • サプリメントやダイエット食品に関する相談 ・・・など

第1類医薬品がレジカンター内に陳列されている場合は、登録販売員と同じ仕事内容になるため、薬剤師としての資格を活かすというより販売員としての仕事が多くなります。

【仕事内容】

  • 日用品などの商品を倉庫から出して陳列
  • 日用品のレジ打ち
  • 店内の清掃
  • お客様の症状によって市販薬の提供
  • 同じ効果のある薬に対して、何が違うのかなどの商品説明
  • サプリメントやダイエット食品に関する相談 ・・・など

3. ドラッグストアの年収とは?

未経験者(新卒レベル)で450万~600万
経験者で650万~700万(店長クラスは700万~800万)

キャリア形成はチェーン展開している企業の場合、本人の希望を考慮したうえで、すべてのパターンを経験してもらいながらキャリアアップし、店長としてスタッフのマネジメントや売上・在庫管理などを経験した後、本社で店舗運営や管理などマネージャー職として勤務します。なかには店舗運営と調剤経験を活かして独立開業する人がいます。

薬剤師の年収につきましては「2017年厚生労働省発表データで見る薬剤師の平均年収・給料」でも触れていますので宜しければご覧ください。

10万人以上の薬剤師が利用している転職エージェント

35万人以上の医師・薬剤師が利用している日本最大級の医療専門サイトm3.comが提供する転職エージェント。毎年2万人以上の薬剤師が利用し、そのコンサルタント満足度は95%を誇ります。転職を意識し始めたら、最初に登録しておきたいサービスの一つです。今すぐ転職したいという方でなくても大丈夫。転職相談だけでもOKです。

薬キャリで求人をチェックしてみる

SNSでもご購読できます。