薬剤師転職サイト比較.JAPAN

転職するメリットとデメリットを比較:大手調剤薬局と中小企業の調剤薬局

大手調剤薬局と中小企業の調剤薬局

調剤薬局への転職をお考えのみなさんは、大手調剤薬局か中小企業の調剤薬局で迷われるようなことはありませんか?

「大手企業であればまず安心」というような考え方や意見もあるかもしれませんが、中小企業においても福利厚生面などがとてもしっかりしており、大手以上に好待遇の企業も実は結構あるんですよね。まあそんなこともあって「決めかねている」という方は意外といらっしゃるのではないでしょうか。

そこで今回は、大手と中小企業におけるそれぞれのメリットやデメリットについてお話ししていきたいと思います。

大手企業の調剤薬局へ転職するメリット

さてそれではまず大手調剤薬局で働くメリットについてですが、経営基盤がしっかりしているところが多く、『まず潰れない』という安心感があるということがまず挙げられるでしょう。

さらに組織としてもしっかりしており、マニュアル化されている部分が多く、個別にルールが違うなどで戸惑うことも少なく、報告・連絡・相談のルートも明確な企業がほとんどでしょう。

また、福利厚生面に関しても整備されているところが多く、全国の様々な施設の割引特典が受けられたり、産休育休や介護休暇などの取得実績も申し分ないところが多いでしょう。

調剤薬局未経験という方にとっても、大手は教育体制が万全で安心して就職できるということも魅力のひとつです。

このように、働いていくうえでの整備された環境や経営面での安心感が得られるということは最大のメリットと言うことができるでしょう。

中小企業の調剤薬局へ転職するメリット

次に中小企業の調剤薬局で働くメリットについてですが、大きなもののひとつに経営者との距離が近く、意見が通りやすい環境の企業が多いということが挙げられます。

また、大手とは違ってなかなか薬剤師が応募してこないような企業に関しては比較的高年収が期待できるでしょう。

さらに地域密着型の薬局などでは異動がほとんどないため、ひとつの薬局で落ち着いて長く働きたいという方にとっては大きなメリットと言うことができます。

比較的上のポストが空きやすいため、出世意欲のある方はマネージメントや経営などの業務にもチャレンジしやすいでしょう。

大手企業の調剤薬局へ転職するデメリット

一方、大手へ転職するデメリットについてですが、全国規模のチェーン店などでは異動を伴うこともよくあり、最悪の場合、転居を伴った異動を求められることも考えられます。

もちろん、状況によっては断ることもできるでしょうが、企業によってはそのことによって年収が上がらなくなってしまう要因になることもあります。

また、白衣の洗濯を自分でしなければならないような企業も意外と存在します。つまりクリーニング代というコストを削減しているのです。企業にとっては確かに経費削減ができるのですが、従業員にとっては単なる負担になってしまいます。

大手調剤薬局はネームバリューがあるが故に、そのような思い切った方針を取っているところも存在するのです。中小企業の調剤薬局であれば自らが声を上げて変えていくこともできますが、大手企業ではそうはいきません。これは現場と経営側との距離感の問題でもあります。

また、組織がしっかりしているという点は確かにメリットとして捉えられることもできますがその反面、現場の意見が通りにくいというデメリットとしても捉えることができます。

大手の企業の中には会長の意見がその企業のすべてというような企業も存在しますので、自分でいろんなことを考えて企業を動かしていきたいという考えをもった方にはあまり合わない可能性もあります。

このように、大手企業の調剤薬局であるが故のデメリットというものも見過ごさないようにしていただく必要があるでしょう。

中小企業の調剤薬局へ転職するデメリット

調剤薬局の業界においても盛んに行われているM&A。転職前にはあまりわからないことなのですが、経営面に不安を抱えており、M&Aによって大手の傘下に入ろうとしているような企業も潜在的にかなり存在していることが考えられます。

また、経営者の高齢化なども視野に入れておかなければなりません。これは中小企業の調剤薬局においてはかなりシビアな問題なのです。次に任せられるような人材がいないような企業であれば廃業やM&Aに向かう可能性もじゅうぶんにあります。ただし大手であってもM&Aされる時代ではありますので、大手だからM&Aされないというような保証はどこにもありませんけどね・・・。

経営自体がどんぶり勘定で行っているような企業もあります。大手から中小企業の調剤薬局へ転職された方は、そのような状況に直面した際、いい加減な企業だという風に見えてしまい、不満を感じてしまう可能性もあります。

昇給に関してもきちんと規定されていれば良いのですが、経営者がザックリ考えて好き嫌いで額を決めているような企業も存在します。

このように、組織や安定などを求めるような方にとってはあまり合わないと感じるような側面もある、ということは把握しておいていただくと良いでしょう。もちろん中小企業でもそのあたりきちんと整備されている企業もたくさんありますけどね。

ある程度の傾向、社風を把握してから転職しよう

いかがでしたでしょうか。

もちろん企業によって考え方は様々であり、これまで述べてきたことがすべてではありません。一般的な傾向として述べさせて頂きましたが、実際に転職する際には、その企業がどのような思想を持っているのか、どのような社風なのか、事前に調べるようにしてください。

エージェントに問い合わせれば大凡のことは把握できますので、面倒だとは思わずに一声掛けてみましょう。

それではみなさんにとってより良い企業、調剤薬局に巡り合っていただけますように心よりお祈り申し上げます!

調剤薬局に関連する記事

本記事を読まれた方は次のような調剤薬局に関連する記事もご覧になっています。
 
 
 
大手と中小企業の調剤薬局、情報を比較するなら・・・
薬キャリ
「薬キャリ」の母体は東証一部上場企業エムスリー株式会社が運営する日本最大級の医療専門サイトm3.com。1年間に2万人以上もの薬剤師の方が利用するという実績から蓄積された企業の実態に関する情報も豊富です。
マイナビ薬剤師
大都市圏以外にも拠点が多く、地元に特化した薬局の情報が豊富。
ファルマスタッフ
調剤業界大手グループ提供で調剤薬局に関する職場情報が充実。
written by EBTR ()
ファーマキャリア
薬剤師求人コラム
転職する薬剤師が事前に最低限考えておくべきエージェントに伝える希望条件とは?

転職する薬剤師が事前に最低限考えておくべきエージェントに伝える希望条件とは?

転職をお考えの薬剤師みなさんは、転職先について明確な希 ...

こんな薬剤師転職エージェントは避けるべき!絶対確認すべき2つのポイントとは?

こんな薬剤師転職エージェントは避けるべき!絶対確認すべき2つのポイントとは?

薬剤師の転職活動において、最近はインターネットを使った ...

コロナ禍だからこそ、転職前の職場見学で薬剤師が確認・質問するべき3つのポイントとは?

コロナ禍だからこそ、転職前の職場見学で薬剤師が確認・質問するべき3つのポイントとは?

コロナ禍で大変な時期ではありますが、転職を検討中の薬剤 ...

薬剤師は転職しないと給料が上がりにくい?人生設計で考える薬剤師の年収

薬剤師は転職しないと給料が上がりにくい?人生設計で考える薬剤師の年収

「薬剤師は転職しないと給料が上がりにくいってホント?」 ...

転職回数はどう影響する?現場の管理薬剤師が考える薬剤師の転職回数とは?

転職回数はどう影響する?現場の管理薬剤師が考える薬剤師の転職回数とは?

薬剤師の業界において、転職回数はどのように影響するので ...

薬剤師はいずれ飽和状態に?将来性と転職の際に有利となるスキルとは?

薬剤師はいずれ飽和状態に?将来性と転職の際に有利となるスキルとは?

薬剤師が飽和状態になると言われてからかなりの年月が経ち ...

人気&注目度ランキング
薬キャリ

薬キャリ

薬キャリはエムスリーキャリア株式会社が提供する薬剤師に ...

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師はマイナビニュースやマイナビ転職でお馴染 ...

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは株式会社メディカルリソースが運営する ...

ファーマキャリア

ファーマキャリア

ファーマキャリアはエニーキャリア株式会社がサービスを提 ...

お仕事ラボ

お仕事ラボ

お仕事ラボは株式会社AXISが提供する薬剤師転職支援サービ ...

ヤクジョ

ヤクジョ

ヤクジョはジェイネクスト株式会社が提供する薬剤師向け転 ...

大手と中小企業の調剤薬局、情報を比較するなら・・・
薬キャリ