薬剤師転職サイト比較.JAPAN

50代・60代ベテラン薬剤師の転職:調剤薬局の現場で求められる人物とは?

50代ベテラン薬剤師

調剤薬局の現場において求められる人物像について、みなさんはどのように思い描かれるでしょうか?

もちろん今まで経験してこられた職種や立場などによって人それぞれ違いますので一概に言えるものではないとは思いますが、50~60代のベテラン薬剤師ともなるといろんなことを求められるのではないか…と考えてしまいますよね。

でも実はそこまで深く考える必要はないんですよ!ちょっと注意しておいていただきたいことについて意識さえしていただければ大丈夫なんです。

今回はそんな50~60代のベテラン薬剤師に求められる人物像についてお話ししていきたいと思います。

ベテラン薬剤師に求められる振る舞いとは

まず第一に心に留めておいていただきたいことは、どんなにベテラン薬剤師の方であっても新しい職場では新入りだということです。まずはそのことをご自身でしっかりと受け止め、理解し、常に頭に置いてもらう必要があります。

まずはその気持ちをしっかりと持っていただくことで、次にお話しする『振る舞い』が理解していただけるのではないかと思います。

謙虚に振る舞いつつ、いざという時に安心感を与えてあげる

ベテランにもなると謙虚に振る舞うということはそう簡単なことではありませんよね。新しい職場に行けば若手は20代から中堅の30代、40代の方まで実に様々な年齢層の方が働いています。これまでみなさんが指導してこられたような年齢の方ばかりです。

そんな中で、まずはいかに謙虚に振る舞うことができるか。もちろんすべてにおいて敬語で、気を遣い過ぎなければならないということではありませんが、新しい職場では教えてもらうことも多いはずです。常に謙虚な姿勢でどんなに年下の方に対しても最低限の礼儀は忘れないようにしましょう。

そして安心感を与えてあげることも大切です。

ベテラン薬剤師の良いところはそこにいるだけで安心感が得られるということ。特に調剤薬局は若い世代の方が多く活躍されています。クレーマーのような少し面倒な方が来局された際、率先して出てあげるなどの振る舞いを見せることで、グッと信頼感が増し、安心感を与えてあげることもできるでしょう。

このようにまずは謙虚に振る舞い、ベテランならではの安心感を与えてあげることがとても大切なのです。

今までのやり方を押し付けない

ベテラン薬剤師ともなると、もちろん経験値は非常に高く、転職先の調剤薬局の様々な仕事に対して疑問に感じることや改善した方が良いと感じるような点がいくつか見つかることでしょう。

しかし、みなさんが今までされてきた仕事がどんなに効率が良く素晴らしいものであっても、そのやり方を急に押し付けてはいけません。

その調剤薬局で働かれてきた方々は、そのやり方で今まで問題なく過ごしてこられたはずです。転職してすぐにあれこれ指摘してしまうと、既存のスタッフはみなさんに対して警戒心をおぼえ、構えてしまうことでしょう。

1年、2年と過ごすなかでまずは互いに信頼関係を構築し、その薬局の店長や管理薬剤師などと意見を交わしながら改善点を見出していくような振る舞いをすることで、確実にベテランとしても頼りにされるようになっていくことでしょう。

ポイントは、急がずにじっくりとまずは信頼関係を築くことです。

意見を言うのと文句を言うのとではわけが違う

ベテラン薬剤師ともなると、いろんな意見を求められることも当然あるでしょう。

しかし、会議など大勢の主要メンバーがいるような場ではなく、店舗のスタッフの会話の中で「僕だったらこうする」「私はこうしてきた」「この会社のやり方はちょっとおかしい」などというように、その薬局・会社の文句を言ってしまってはたちまち信頼を失い、結果的に自分自身の首を絞めてしまうことになってしまいます。

調剤薬局という場所は会社が変わればやり方がまったく違うものですので、まずはしっかりとその薬局の考え方ややり方を学び、おかしいと感じることがあっても、文句のような形でまわりには話さず、直接、管理薬剤師やさらにその上の方などと話しをするなどの対応をとった方がいいでしょう。

転職先では目につくことも当然たくさん出てきます。ただ、「ここのやり方はおかしい」などというように批判や批評をしてしまうとたちまち状況は悪くなっていまいます。どんなにその発言が正しい内容であっても、文句のような発言はご自身の質を落としてしまうことにもなってしまうのです。

大切なのは「一緒により良い店、会社を作っていきましょう」というスタンスで話すこと。そうすることでベテランとして煙たがられてしまうのではなく、頼りにされるようになっていくことでしょう。

信頼を得ることが大切

50~60代ベテラン薬剤師の転職における調剤薬局の現場で求められる人物像についてお話してきましたがいかがでしたか?

謙虚であり、まずは信頼のおける人であると感じてもらえるような振る舞いを見せることこそが大切であり、求められる人物像なのです。目につく問題点などに対する指摘も時や場所、相手などを選んでいただく必要があるでしょう。

最初から自分は!自分が!というスタンスでは上手くいきません。言いたい事も多々あるかもしれませんが、まずは信用・信頼を積み重ねるところから始めてみてください。

年齢に関連する記事

本記事を読まれた方は次のような年齢に関連する記事もご覧になっています。
 
50代・60代の薬剤師が転職を検討するなら・・・
薬キャリ
「60歳以上歓迎」の求人案件多数。東証一部上場企業エムスリーグループ提供の転職支援サービスで1年間に2万人以上もの薬剤師の方が利用しています。
マイナビ薬剤師
国内に拠点が多く、サポート力には定評あり。
ファルマスタッフ
調剤大手日本調剤提供。「60歳以上可」で公開求人の検索が可能。
written by EBTR ()
薬剤師求人コラム
30代薬剤師の転職、失敗しない為に優先すべき点と諦めるべき点とは?

30代薬剤師の転職、失敗しない為に優先すべき点と諦めるべき点とは?

30代になると40代、50代になった時のことを考えて、「転職 ...

転職するメリットとデメリットを比較:大手調剤薬局と中小企業の調剤薬局

転職するメリットとデメリットを比較:大手調剤薬局と中小企業の調剤薬局

調剤薬局への転職をお考えのみなさんは、大手調剤薬局か中 ...

管理薬剤師を目指すべき?管理薬剤師になって良かったと感じる瞬間・辞めたくなる瞬間

管理薬剤師を目指すべき?管理薬剤師になって良かったと感じる瞬間・辞めたくなる瞬間

薬剤師として働かれている方の中には「早く管理薬剤師にな ...

薬剤師の転職の意外な落とし穴?家族が反対した場合ははどうする!?

薬剤師の転職の意外な落とし穴?家族が反対した場合ははどうする!?

薬剤師のみなさんは転職したいとは思っていても、「家族に ...

今更聞けない?薬剤師が転職サイトを利用するメリットとデメリット

今更聞けない?薬剤師が転職サイトを利用するメリットとデメリット

『薬剤師転職サイトは便利だ』という記事や広告はよく目に ...

診療報酬改定で何が変わった?これからの転職市場で求められる薬剤師とは?

診療報酬改定で何が変わった?これからの転職市場で求められる薬剤師とは?

2018年4月の診療報酬改定において、医科、歯科、調剤を合 ...

人気&注目度ランキング
薬キャリ

薬キャリ

薬キャリはエムスリーキャリア株式会社が提供する薬剤師に ...

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師はマイナビニュースやマイナビ転職でお馴染 ...

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは株式会社メディカルリソースが運営する ...

ファーマキャリア

ファーマキャリア

ファーマキャリアはエニーキャリア株式会社がサービスを提 ...

お仕事ラボ

お仕事ラボ

お仕事ラボは株式会社AXISが提供する薬剤師転職支援サービ ...

ヤクジョ

ヤクジョ

ヤクジョはジェイネクスト株式会社が提供する薬剤師向け転 ...

50代・60代の薬剤師が転職を検討するなら・・・
薬キャリ