薬剤師転職サイト比較.JAPAN

転職を検討している薬剤師の方へ
なぜ転職するのか、転職活動を始める時期、どのように転職活動すべきか

薬剤師向け転職支援サービスと聞くと、胡散臭く感じてしまう方もおられるのではないでしょうか。

薬剤師の転職や求人の情報を求めてネットを検索していると、似たような薬剤師向け転職支援サービスがヒットすると思います。

そして、その殆どのサービスが、業界最大級の求人数や業界一のサポートの良さ、ユーザー満足度をアピールしていますので、疑心暗鬼になって当然だと思います。

また、薬剤師転職支援サービスを斡旋、仲介するような情報サイトも多数存在し、どの情報サイトも同じような謳い文句で、同じようなランキング順位で、特定のサービスを推奨していたりします。

情報サイトも客観的なデータに基づく内容であれば参考になる場合もあると思いますが、大半はメリットだけをまとめたものだったり、一方的なゴリ押しだったりしますので、胡散臭く感じられるのも仕方無いと思います。

そもそも、転職を検討している薬剤師の方の環境、条件は様々です。年齢、職歴、スキル、居住地、働き方が様々である以上、その方に最適な求人情報、転職活動の進め方、サービスは異なります。一律に作られたようなランキングが当てはまるわけがありません。

当サイトも薬剤師転職に関する情報サイトの一つですので、あまり大きな事は言えませんが、特定のサービスをゴリ押しするのではなく、出来るだけ多くの客観的なデータと実際に転職を経験した多くの薬剤師の方の体験談をご提示することで、個々の状況に合った最適なサービスを選んで頂けると信じて運営させて頂いております。

掲載させて頂いている情報や体験談の中には、他の情報サイトには掲載されていないような薬剤師転職支援サービスを提供している会社にとって不都合な情報も多数含まれていると思います。

サービスを利用される方にはメリットとデメリットを十分に理解して頂いた上で、ご自身に合った転職サービスを見つけて頂き、上手く活用して頂きたいという願いから、こういった要素もそのまま掲載させて頂いております。

薬剤師転職市場は長いこと売り手市場だと言われ続け、薬剤師にとっては有利な状況が続いてきましたが、新型コロナの影響で薬剤師の転職も状況が一変。どのように転職活動を行うか、精度を高められるかで働き方や労働条件が大きく変わってきます。

特に理由もなく知っているからという理由だけでサービスを決めてしまったり、あまり根拠の無いランキングに惑わされているようですと、雇用側や仲介者にとって都合の良い求人を押しつけられてしまうという最悪の結果になりかねません。

転職活動は転職される方が主体性を持って、様々なデータと状況を比較しながら納得した上で進めていく必要があります。

データや情報を十分に比較した上で、納得のいく転職活動が出来れば、どんな状況でどんな結果になったとしても後悔は無い筈です。

当サイトでは、薬剤師転職市場に関する客観的なデータや転職に成功された方、失敗された方の体験談を出来る限り掲載させて頂くと同時に、転職に対する考え方や活動の手順、方法もご紹介させて頂いております。

当サイトのデータや情報をご活用頂くことで、ご自身に最適な働き方やその働き方に対するアプローチ方法、転職エージェントが見えてくると思います。

是非、転職を検討される際の情報源の一つとしてお役立てください。

転職理由:そもそも、何故転職したいと思ったのでしょうか?

そもそも、薬剤師である貴方は何故転職に興味を持ったり、転職したいと考えるようになったのでしょうか?

現在の職場や人間関係、条件面に不満がある方も居れば、将来に向けてスキルアップする為に転職に興味を持った、という方も居ると思います。

中には、結婚による引越、出産による状況の変化、子育て時間の確保、介護の為など、職場やご自身の薬剤師としてのポジションとは関係の無いところで、転職せざるを得ない状況になった方という方も居るかもしれませんね。

薬剤師は他の業種と比較すると、転職する方が多いと言われており、当サイトにも多数の薬剤師の方から転職体験談を頂いております。そんな体験談の中でも多かった転職理由は次の通りです。

転職理由.1 年収を少しでも上げたい

薬剤師の転職理由として最も多いのが年収アップを目的とした転職です。

薬剤師は長期に渡って人材不足でしたので、薬剤師にとっては有利な状況が続いていました。取り敢えず転職すれば年収が上がる、なんて言われていた時期もありました。

実際には、薬剤師と言えどケースバイケースであり、単純に務めている施設の労働条件が悪く、長期間勤務しても年収が上がらないというケースであれば、転職をきっかけに年収が上がる見込みがありますが、そうでないのであれば、ご自身のポジションと、現在の労働条件、そして市場の相場を十分にリサーチするところから始める必要があります。

リサーチ無しで、年収アップを狙ったとしても、、同じエリアの同じ仕事内容であれば、年収が上がった分、勤務時間が長くなるで、その転職は失敗となってしまうかもしれません。

転職で年収アップを実現させる為には、十分なリサーチに加え、調剤薬局からドラッグストアといった具合に仕事内容が変わっても良いのか、労働時間が延びてもいいのか、地方勤務でも良いのか、といったご自身の心構えも明確にする必要が出てきます。

転職理由.2 労働条件が悪いから

労働条件が悪く、このまま働き続けていたら、身体を壊してしまう、精神的に辛い、自分の時間を作ることが出来ない、というのも薬剤師に多い転職理由の一つです。
いわゆるブラックな職場環境ですね。

調剤薬局では処方箋の数が多すぎて激務になってしまうケース、ドラッグストアであれば薬品以外の例えば、雑貨、化粧品の販売ノルマが課されていたり、レジ締めから棚卸しまで店内の様々な業務に対応することで激務となってしまうケースもあります。

働き始めた頃は労働条件が良く、働きやすい職場だったとしても、経営者や経営状況が変わるころことで、徐々にスタッフが退職してしまい、一人一人の仕事量が激増。

結果として、ブラックな労働条件で働くことになってしまった、なんてこともあります。

本来であれば、経営者が状況を把握し、改善していくべきことではありますが、従業員を大切にしない経営者もいれば、大切にしたくても出来ない経営状況だったりすることもあります。

転職を検討する際には、ご自身がどのような働き方をしているのか、他の薬剤師、職場ではどうなのか、情報を整理して客観的に比較してみることが必要になります。

転職理由.3 人間関係で苦労しているから

職場の人間関係を転職理由として挙げる薬剤師の方も多数おられます。

同僚や上司の中に相性が悪い人が居たり、中には嫌がらせのようなことを受け続け、仕方無く転職を検討しはじめた、なんて方もいらっしゃいます。

特に調剤薬局は、比較的狭いスペースで仕事をすることも多く、そんな中で、毎日顔をつきあわせて働くことになりますので、一度人間関係がこじれてしまうと少々面倒なことになりがちです。

狭い空間では逃げ場がありません。偶に誰かがフォローしてくれたとしても、そこからずっと居心地が悪い日々が続いてしまうと考えると、出勤そのものが嫌になってしまう、なんてケースもあります。

調剤薬局以外では、医師や看護師との人間関係に悩む病院薬剤師の方、ドラッグストアで薬剤師に理解がない同僚や上司に悩む方もいらっしゃいます。

年収アップやスキルアップを目標としたポジティブな転職とは性質が異なり、人間関係を原因とした転職はネガティブな要素からの脱却です。

極端な短期間での判断しない方が良いとは思いますが、ネガティブな人間関係の職場で勤務を続けていると、成長できないだけでなく、そのことがご自身にとってマイナスに働き続けてしまう可能性もあります。

転職理由.4 スキルアップ

スキルアップを理由に転職する薬剤師の方も多くいらっしゃいます。

調剤薬局にしても、ドラッグストアにしても、長く働いているとあらゆる仕事がルーティーン化してしまい、新たな知識やスキルが殆ど身につかないと感じてしまうこともあるかもしれません。

新卒でドラッグストアに勤務していて調剤経験に乏しかった方が、調剤薬局に転職して調剤の知識とスキルを身につける、というのもスキルアップを理由とした転職例です。

慢性期病院から急性期病院へ転職するといった例も同様です。

新たな知識やスキル、経験を求めて転職を試みる。薬剤師の転職理由として至極真っ当なものではないでしょうか。

転職理由.5 パートナーの転勤や結婚による引越

結婚することで引越が必要となり、これまでの職場へ通勤するのが難しくなった。結果として、今の職場は気に入っているものの、転職が必要になってしまった、というケースも珍しくありません。

結婚でなくても、旦那さんが遠方に転勤となり、予定になかった引越を余儀なくされることもあります。

ご両親の介護の為に、ご実家又はその近くに引っ越すことになる、なんてこともあるかもしれません。

いずれにせよ、予定になかった引っ越しが発生し、気に入っていた職場を退職しなければならなかったという薬剤師の方も多数いらっしゃいます。

引っ越し先がそれまでと同じエリア内だったとしても、家と職場の距離が離れてしまい、通勤時間が1時間、2時間長くなってしまえば、様々なロスが発生してしまいます。

仮に結婚による引っ越しであれば、それだけパートナーとの時間が失われてしまう訳ですから、転職するという流れになっても無理はありません。

そして、一番大変なのは、何のゆかりもない土地で、次の職場を探さなければいけないケースです。

いくらスマホで色々と情報が検索できるとは言え、全く知らない土地の医療施設の求人募集状況や施設の内情までは把握することが出来ません。

知らない土地での転職を成功させるには、現地の医療施設の内情や薬剤師の求人状況に詳しいコーディネーターの存在が不可欠です。

転職理由.6 出産、育児

出産、育児を理由に転職される薬剤師の方も多数いらっしゃいます。

妊娠をきっかけとして、一旦退職することを検討される方も居れば、そのまま育児休業制度を利用して同じ職場で働き続けたいと考える方も居ると思います。

働いている薬剤師が自由に選択出来るのが理想ではありますが、現実には必ずしもそうできるとは限りません。

育児休業取得は国の制度として認められていますが、職場復帰する際に、それまでと同じようなポジションで働けるかどうか、時短などに対応してくれるかどうかは、残念ながら保証されていないのが現状です。

特に小規模で運営している調剤薬局などは、一人減ってしまうだけで仕事が回らなくなってしまうところもありますし、経営的に一人余分に雇うという余裕も無かったりします。

出産前に退職すると決めている方は構いませんが、そのまま働き続けたいと考えてる方は早めに職場に相談しておく必要があります。

表向きの回答だけでなく、実際に復帰した際に処遇がどのようになりそうか、ご自身でも十分にリサーチしておく必要があります。

働いている職場が出産、育児に理解のある会社であれば大丈夫ですが、安心して育児休業を取得できないような状況だとしたら、早めに手を打つ必要があります。

可能であれば、結婚を機に現在の職場で働き続けることが出来るのかどうかリサーチ。

働き続けることが難しそうであれば、早い段階で出産、育児に理解のある職場、企業に転職するというのがベターです。

出産、育児休業を前提としてでも貴方に働いて欲しいと考えるような職場、従業員を大切にしてくれるような会社であれば、安心して長期間働ける筈です。

転職活動をはじめるタイミング

次に、転職活動を始めるタイミングについて考えてみたいと思います。

転職に興味をもった薬剤師の貴方が、実際に何らかのアクションを起こすのはどのようなタイミングが適切なのでしょうか?

現在の職場で働きながら転職先を探すのか、退職後探すのか

薬剤師が転職活動をスタートさせるタイミングは大きくわけると2つのタイミングが考えられます。

一つめは現在の職場で働きながら、次に働く転職先を探すというパターンです。最もポピュラーな方法と言っても良いかもしれません。

この方法であれば、次の転職先の目星がついてから退職することが出来ますので、時間的にも収入的にもブランク無く薬剤師として仕事をし続けることが出来ます。

また、転職活動を通じて、現在の職場である薬局やドラッグストアの労働条件が、他社の薬剤師と比較することで、とても恵まれているものだと気付くことも十分考えられます。

この場合は、無理に転職する必要などなく、現在の職場でそのまま働き続けることが出来ますし、他社で働く薬剤師よりも恵まれているとわかれば、気持ちを入れ替えて働くことが出来るかもしれません。

2つ目のタイミングは、退職した後に転職活動を始めるというものです。現在の職場、医療施設での仕事が激務で平行して転職活動をするなんてことが難しいケースもあります。

とにかく忙しく、そして疲れていて、まずは退職して休息を取りたい、気持ちをリセットしたいという方もいらっしゃると思います。

心身ともに疲れている状態で無理に転職活動を行っても良い結果に繋がるとは限りません。

以前程では無いにせよ、薬剤師の転職市場は他の職種と比べればまだまだ求職者有利となっていますので、考える余裕、転職活動に着手する余裕がない状況におかれている方は一旦退職するというのもありだと思います。

また、出産や子育てで一時的に離職されていた方や、何らかの事情で長い間薬剤師としての仕事から離れていた方が、職場復帰を目指して転職活動をスタートさせるというケースもあると思います。

状況によって転職活動をスタートさせるタイミングは様々だと思いますが、無理な活動は良い結果を得られませんので、迷っている方は転職エージェントに状況を説明して相談するくらいのところから始めてみては如何でしょうか。

転職活動の期間

それでは、転職を決意して活動を始めた薬剤師の方が、実際に次の職場を見つけるまでにどれくらいの時間・期間が必要となるのでしょうか?

急いでいる方もいらっしゃれば、条件の良い職場があればというスタンスの方もいらっしゃいますので、一概には言えませんが、比較的急いで探している方であれば、概ね2週間~3週間程度で次の職場が見つかっているようです。

良い条件の求人はどんどん決まっていってしまいますので、転職エージェントも出し惜しみ無く求人を提示してきますが、タイミングによっては条件の良い求人がない場合もありますので、極端に急いで決めようとするのも得策ではありません。

条件の良い求人が提示された際に決断できるように、幾つかの求人をチェックして、ある程度の相場観を身につけておくことも必要です。

じっくりと時間をかけて転職活動をすることも可能ですが、あまりにも時間を掛けすぎてただ待っているだけだと転職エージェントに忘れられてしまうこともあります。

相談しながら数ヶ月掛けてじっくり決めたいという場合は「今度~のような条件の求人があったら教えてください」「今~のような求人はありますか?」といった具合にこちらからアプローチすることも大切です。

転職活動で失敗しないポイント

それでは、実際に薬剤師の方が転職を成功させるには、転職を失敗しないようにする為にはどうのように転職活動をすれば良いのでしょうか?

転職活動をする薬剤師、薬剤師の転職を仲介するエージェント、薬剤師を募集する医療施設の三者では認識が異なる部分も出てきます。

薬剤師が転職活動を行う際には、予め幾つかのポイントを押えておくことで、思っていたものとは違ったといった認識のギャップを確実に埋めることが出来ます。

ポイントといっても難しいものではありません。ちょっとした事に気をつけるだけで、転職失敗のリスクを大幅に下げることが出来ます。

具体的な希望と優先順位を決める

まず、転職する上で必ず実現したいこと、希望、譲れないことをピックアップしてください。そして、それらに優先順位を付けます。

年収、勤務地、会社の大きさ、福利厚生、残業、社員構成、社風など何でも構いません。最低3つは挙げるようにしてください。

年収600万円は確保したい、確実に時短に対応してくれる職場、全国規模で展開している会社といった具合です。

ご自身の希望、理想がはっきりしていなければ、それだけで不本意な職場へ転職してしまう可能性が一気に高まります。転職して、失敗に気付いてから、本当は○○な職場が良かったと言っても手遅れです。

具体的な希望を事前に考え、それを薬剤師転職エージェントに伝えてください。エージェントも希望条件がはっきりしている方が動きやすいので、優先して動いてくれる筈です。

妥協してもいい点も決めておく

希望条件と優先順位が決まったら、妥協してもいい点、妥協できる条件も考えておきましょう。

現実的な問題として、希望条件全てを満たした求人を見つけるのは非常に困難です。

年収1,000万円以上、自宅から徒歩通勤、完全週休二日制で残業無し、時短にも対応、なんて求人はありません。

無いものはいくら探しても時間が無駄になるだけですので、ご自身で探すにせよ、薬剤師転職エージェントに探して貰うにせよ、妥協できるところを予め考えておくことはとても重要です。

絶対に譲れない条件として高年収を挙げる代りに、勤務地は多少遠いところでも構わない、多少の残業は大丈夫、といった具合です。

育児中のママ薬剤師でしたら、時短や急な早退、欠勤に理解がある職場を希望するかわりに、収入はある程度妥協しても構わない、という感じでしょうか。

譲れない希望条件とセットで、妥協してもいい条件も必ず考えておきましょう。

薬剤師転職エージェントに条件を伝える

希望条件と妥協できる点が明確になったら、薬剤師転職エージェントに伝えてください。

考えがまとまってから会員登録しても構いませんし、登録してからであっても構いません。希望条件と妥協できる点が決まった時点で、しっかりと伝えてください。

後から考えが変わることもあると思いますが、そういった場合でも遠慮は全く必要ありません。きちんとご自身の考えを伝えるようにしてください。

ご自身の希望を伝えた際に、条件を変更した際に、万一、面倒臭そうな態度をとるエージェントが居たとしたら、そのエージェントは失格です。

エージェントは沢山居ますし、転職サービスも複数あります。担当を変更して貰うか、他の転職サービスに切り替えてください。

現実的に転職では妥協が必要となることもありますが、エージェントとの付き合い、相談という部分であなたが気を遣ったり、妥協する必要は全くありません。

相談サービスは無料なので勘違いしてしまいがちですが、彼らはボランティアではなく、転職を支援することで報酬を得るという仕事をしています。

遠慮することなく、貴方の希望、条件を伝えるようにしてください。

利用する薬剤師転職エージェントを選ぶ

それでは、利用する薬剤師転職エージェントはどのように選べば良いのでしょうか?

薬剤師転職エージェントは様々なサービスが存在し、選ぶのが難しいように感じますが、実は希望する勤務条件が定まっていれば、自ずと選択肢は限られてきます。一つずつ見ていきましょう。

派遣で働くか否か

第一に、派遣で働くかどうか、という分岐点があります。

人材紹介事業と派遣事業は全く異なる事業です。それぞれ必要とされる事業体制が異なりますし、それぞれ国の認可も必要になります。

薬剤師転職エージェントを運営している会社は人材紹介事業のみ行っているというケースが大半で、人材派遣業も行っているという会社は少数派です。

派遣薬剤師として働きたい方は、この時点で選択肢が限られていますので、多すぎて困ると悩む必要はありません。

地元の情報に詳しいエージェント

働きたいと考えているエリアの情報に詳しい薬剤師転職エージェントを選択することも重要です。

薬剤師転職エージェントの本社が密集している首都圏であれば、大きな問題になることはありませんが、それ以外のエリアで職場を探している場合は注意が必要です。

例えば、大阪府内の調剤薬局で働きたいというケース。大阪府内又は近県に拠点があるエージェントであれば、該当施設の担当者と面識があったり、詳細な情報を持っている可能性があります。

薬剤師転職エージェントの中には拠点が東京本社のみという会社も少なくありません。仮に大阪府内の求人を扱っていて、対応が可能だとしても施設の具体的な情報や

内情といったプラスαの部分を得ることは難しい筈です。面接に同行するといった事も難しいかもしれません。

転職エージェントを選ぶ際にはエリア近辺に拠点があるかどうか、チェックしておきましょう。

面談やサポートを重視するか否か

薬剤師転職エージェントの中には、実際に会って面談してくれたり、転職先へ面接に行く際に同行してくれるといったサポートの手厚さを売りにしているサービスがあります。
やはり実際に会って相手の顔見ながら相談できるというのは心強いものですし、そのエージェントを頼って本当に大丈夫なのかどうか、判断する材料にもなります。

初めての転職だったり、転職に不安を感じている方は、積極的にこのような転職エージェントを利用していきましょう。

逆に、転職経験がある程度豊富な方であれば、とにかく情報だけ集めたい、効率を重視したいと思われるかもしれません。また、転職を急いでいる訳ではなく、良さそうな求人があれば、転職を検討してみたいという方であれば、エージェントとのやりとりが負担に感じるかもしれません。

そういったケースでは、電話やメール中心で情報だけをバンバン流してくれるタイプのエージェントの方が相性が良い筈です。

複数の転職エージェントを利用する

ここまでで利用すべき薬剤師転職エージェントがある程度絞られたとは思いますが、一つの転職エージェントに絞ってしまうのは大変リスクがあります。

当サイトでは少なくとも2つ、可能であれば3~4つ利用してみることをお勧めしています。これは当サイトだけでなく、転職経験のある多くの薬剤師の方々からも同じ意見を頂いています。

それには2つ理由があります。

1つ目は求人情報が偏っている可能性がある点です。どんなに多くの求人情報を扱っている薬剤師転職エージェントであっても、薬剤師求人情報の全てを扱っているわけではありません。また、求人は出ていなくても、求職者のリクエストを受けて、直接薬局や医療施設に問い合わせて入職に繋がるケースもあります。

WEB上で公開されている求人だけで判断せずに、希望条件を伝えた上で提示された求人票を転職エージェントごとに比べてみる必要が出てきます。

2つ目は担当者に当たり外れ、相性がある点です。残念ながらこれは事実です。サービス全体としては総合的に優秀であっても、担当者、人単位になると、どうしてもバラツキは出てきます。

サービスを提供している会社の方針やルールに従わず、やや強引な進め方をしたり、横柄な担当者もゼロではありません。また、人生を左右する決定を下さなければいけない時です。その担当者との相性という問題も出てくるかもしれません。

一つの転職エージェントだけ利用している状態で、そのような状態に陥ると、無理に話を合わせてしまったり、そこで転職活動が終わってしまう可能性すらあります。

転職エージェントを併用していれば、自ずと比較することになりますので、この担当者の態度はおかしい、言っていることがおかしい、といち早く気付くことが出来ます。

また、一人の担当者とのやりとりの中で決めなければいけないという縛りもなくなりますので、気持ちにゆとりが生まれます。

ある程度気持ちに余裕があれば、冷静な判断が出来るようになりますので、担当者のペースに引き込まれることも無くなる筈です。

重要なポイントは何事も比較することです。求人情報だけでなく、サービス内容、担当者もしっかりと比較しましょう。

サービスを一つだけに絞ってしまうと比較することが出来ません。この点だけは十分に注意してください。

転職は求人もエージェントも比較することで失敗が避けられる

これらを踏まえた上で、ご自身に最適だと思われる薬剤師転職エージェントを選定してください。

当サイトでは下記の薬剤師転職エージェントの情報を掲載させて頂いております。見やすさの点から便宜上、項目別にランキング形式にさせて頂いておりますが、ランキング上位のサービスが必ずしもあなたに最適であるとは限りません。

年齢、職歴、スキル、居住地、働き方といった個々の状況や希望条件によって選ぶべきサービスは異なります。

当サイトには、薬剤師転職エージェントの情報やデータ、サービスを利用された方の体験談、都道府県別の年収データ、薬剤師の方が多く働く企業のデータなど、様々な情報や数値データが揃っています。

あなたのパートナー選定と後悔のない転職活動に是非お役立てください。

薬剤師転職サイトの詳細と求人データ数

詳細ページでは、その薬剤師転職サイトが扱う求人数は勿論、施設別、雇用別の割合データ、国内拠点数、サポート体制、得意分野、利用者の体験談などがご覧頂けます。ご自身の状況に合ったエージェント選びの判断材料としてご活用ください。
薬キャリ
薬剤師求人コラム
薬剤師がドラッグストアなどの職場から調剤薬局へ転職する際に注意すべきポイント

薬剤師がドラッグストアなどの職場から調剤薬局へ転職する際に注意すべきポイント

調剤薬局への転職を検討されている薬剤師の方の中には、「 ...

薬剤師の転職理由ファイル.1:私は異動の多さをきっかけに転職を決意しました

薬剤師の転職理由ファイル.1:私は異動の多さをきっかけに転職を決意しました

私は今の職場に転職してから7年目になる、男性薬剤師です ...

薬剤師転職サイトの転職お祝い金が遂に禁止に。祝い金に代わるお得なキャンペーンは?

薬剤師転職サイトの転職お祝い金が遂に禁止に。祝い金に代わるお得なキャンペーンは?

薬剤師の転職支援サービスが誕生した頃から実施されてきた ...

企業や病院で働いていた薬剤師が調剤薬局へ転職するメリットとデメリット

企業や病院で働いていた薬剤師が調剤薬局へ転職するメリットとデメリット

他の職場から調剤薬局への転職を検討されている薬剤師の方 ...

転職する薬剤師が事前に最低限考えておくべきエージェントに伝える希望条件とは?

転職する薬剤師が事前に最低限考えておくべきエージェントに伝える希望条件とは?

転職をお考えの薬剤師みなさんは、転職先について明確な希 ...

注目のキャンペーン・特典
アプロ・ドットコムが薬剤師の転職に役立つ特別レポートを無料プレゼント

アプロ・ドットコムが薬剤師の転職に役立つ特別レポートを無料プレゼント

アプロ・ドットコムでは多数の薬剤師転職・就職に役立つ特 ...

薬局・ドラッグストアの年収
サンドラッグ

サンドラッグ

サンドラッグは株式会社サンドラッグが提供するドラッグ ...

ツルハドラッグ

ツルハドラッグ

ツルハドラッグはドラッグストア大手で全国に1262もの店舗 ...

アイン薬局

アイン薬局

アイン薬局は北海道発祥の調剤薬局チェーンです。北海道か ...

ウエルシア薬局

ウエルシア薬局

ウエルシア薬局は業界最王手クラスのドラッグストアチェー ...

スギ薬局

スギ薬局

スギ薬局は東海地方を中心に展開する調剤薬局併設ドラッグ ...

クリエイトSD

クリエイトSD

株式会社クリエイトSDは郊外型ドラッグストアのパイオニア ...