薬剤師の離職率について

薬剤師の皆さんは現在の職場に満足しておられるでしょうか?

薬剤師は他の業種に比べて離職率が高いと言われています。決して不安定な職だからというわけではなく、専門職で安定しているため、一度離職したとしても就職口がすぐに見つかりやすいことが理由です。

離職する理由は人それぞれですが、様々な診療科の薬について学びたいからという理由で、3年程度で別の薬局に転職する、というケースも多くあります。

一方で、職場環境に不満があって、より良い環境を求めて転職する人もいます。
実際にどのような理由で離職するケースが多いのか、職種別に見ていきましょう。

ドラッグストア

ドラッグストアでは一般業務も

薬剤師の中でもドラッグストアは離職率が高いと言われています。給料は高いですが、仕事が忙しく、レジ打ちや日用雑貨販売など、薬と関係ない部分の仕事が増えてしまうことでやりがいをなくし、転職する人が多いようです。店長やマネージャーになれば給料は上がりますが、薬剤師としての仕事は減ってしまうので、専門性を高められる職場を求めて転職する人が多いようです。

病院

病院薬剤師の離職率も高い

病院内の薬局も離職率は高いですが、ドラッグストアとは理由が異なります。
病院は薄給、激務な仕事であるため、給料アップや時間に余裕が持てる仕事への転職を考える人が大半です。また、薬剤部だけでなく、医師や看護師との関係性も大切になってくるため、そういった病院内の複雑な人間関係に悩んで転職を決意する人もいます。
しかし、病院で学んだ知識やキャリアは、調剤薬局やドラッグストアなど、他の職場でも十分活用することが出来ます。

調剤薬局

調剤薬局の転職状況は?

調剤薬局は、調剤経験が豊富であれば給料に加味されることも多く、良い条件を見つけては転職を繰り返す人もいます。また、調剤が未経験であっても転職しやすいため、ドラッグストアや病院など、調剤薬局以外からの転職者にも間口が広い業界と言えます。
また、調剤薬局は職場を動くことがなく、薬剤師や事務、門前の病院のDrといった狭い人間関係の中で仕事をしなければなりません。職場に合わない人がいてもずっと一緒に仕事をしていかなければならないので、耐え切れず転職をする、というケースも見られます。

転職するときに、離職率は気にするべき?

離職率は転職の際にある程度基準にすることはできますが、そもそも薬剤師は離職率の高い業界なので、少しくらい高い離職率であっても、あまり気にすることはありません。しかし、あまりに定着率の低い職場であれば、職場環境に何かしら問題がある可能性がありますので、少し調べてみる必要があります。
薬剤師の離職率が高い職場では、以下のような特徴があります。

  • 職場内の人間関係が悪い
  • 給与が低い、なかなか昇給しない
  • 残業や休日出勤が多く、忙しい

せっかく転職したのに、職場が合わないなどマイナスな理由でまた転職する、ということは避けたいものです。ただし、薬剤師の仕事の多くは給与と忙しさが比例します。例えば「高収入を得たい」と考えるのであれば、プライベートの時間を削ったり、都心から離れた僻地で働くなどの必要がありますし、「家族との時間を大切にしたい」と考えるのなら高収入は諦めなければなりません。

考え方は人それぞれなので、自分のライフプランと、実際にどのような職場なのかを転職エージェントの方としっかり相談して、転職活動をするようにしましょう。

スキルアップ無しに薬剤師の年収をアップさせるなら地方を目指すしかない?

薬剤師は比較的初任給がよく、安定しているので転職もしやすい職業といわれています。しかし、初任給はよくても、出世の機会が少なく、昇給の伸び幅は少ないという側面もあります。

薬剤師としての仕事内容は今までと変わらなくても、もっと高収入を得たい、と考えた場合、具体的にどのような方法があるのでしょうか。

実は、その方法のひとつに、「地方で働く」という方法があります。

今回は、なぜ地方で働くと給料がアップするのかについて、説明していきたいと思います

地方は薬剤師不足?

2006年度の入学から、薬学部は6年制が導入されました。これにより、4年制からの移行期にあたる2年間は新卒の薬剤師が存在しない為、全国的に薬剤師が不足すると言われていました。

その後、6年制過程を修了した新卒の薬剤師が出てきたことから、絶対的な薬剤師不足は緩和されつつあります。

しかし、全国的に薬剤師不足が解消されたということはなく、薬学部がない地方を中心に、薬剤師が不足している地域はまだたくさんあります。

このような地域では、調剤薬局勤務でも平均600~800万円と高年収を用意して薬剤師を募集しています。また、待遇も手厚く、引越し代金や住宅手当まで勤務先が負担してくれるところもあります。これらを総合すると実質的な年収は相当高いという事になります。

つまり、同じような業務内容であっても地方で働くことによって、都心部よりも高い収入を得ることができるというわけです。

大手よりも中小の調剤薬局の方が高収入

馴染みのない土地で働くのなら、せめて職場は名前の知られた大手企業で働きたいと考える方もいるかもしれません。しかし、高収入を得たいという事であれば、大手企業だけに絞るのではなく、地域密着型の中小の医療施設や調剤薬局の求人もよくチェックしてみてください。

基本的に大手企業の薬剤師の基本給は一定の範囲内で定められています。勿論、地方手当は付きますが、それほど期待できる内容では無いでしょう。つまり、大手企業に関してはここで挙げている「地方だから高い」という理屈が成立しづらいのです。
実際のところ、高待遇で求人を募集しているのは中小の医療施設や調剤薬局が大半だったりします。地方で高収入を期待して求人を探す場合は「大手=高収入」という先入観は捨てて、求人内容重視で活動してみてください。

収入アップの為に地方で働くなら短期で

地方で働くなら、どのような働き方がよいのでしょうか。

よく見られるのは、「短期間」地方で働いてお金を稼ぎ、その後都市部の薬局に戻るというような働き方です。やはり慣れない土地で、長期間働くのは負担が大きいようです。

また、派遣の方が年収が多くなるケースもあるので、正社員より自由な働き方ができる派遣で働くのも良いかもしれません。

地方の好条件の求人を探すには?

地方に転職する際には、やはり薬剤師専門の転職エージェントを利用するようにしましょう。

その理由は、馴染みのない土地では信頼できる情報が少ないからです。 転職エージェント を利用すれば、事前に職場の下見をすることもできます。

職場の雰囲気や立地、仕事の忙しさなど、実際に見て確認することで知らない土地でも失敗せずに転職することができます。自分の希望に合った求人を見つけるためにも、 転職エージェント は最大限に利用するべきでしょう。