薬剤師転職サイト比較.JAPAN

アイン薬局をデータで徹底分析!薬剤師の平均年収や勤務時間は?

アイン薬局は北海道発祥の調剤薬局チェーンです。北海道から沖縄まで全国をカバーし、調剤売上高、店舗数は業界第一位。日本の調剤最大手企業で働きたいと思ったらアイン薬局が最有力候補となるのではないでしょうか。

アイン薬局は株式会社アインファーマシーズが運営していますが、2015年に持ち株会社制に移行し、株式会社アインホールディングスの傘下となっています。株式会社アインホールディングスの傘下にはアインメディオ、ダイチク、あさひ調剤、メディオ薬局、西日本ファーマシー、葵調剤などもありますが、アイン薬局を擁する株式会社アインファーマシーズが売り上げの半数以上を占め、中核企業となっています。

株式会社アインファーマシーズから株式会社アインホールディングスへ移行し、現在東証一部に上場しているのは株式会社アインホールディングスであることから、現在ではアイン薬局=株式会社アインホールディングスという認識になりつつあります。

非上場の株式会社アインファーマシーズの公式データは売上に関するものに限定され、公開されているデータの多くは株式会社アインホールディングスのものとなりますので、当サイトでもそのデータを参照しながら転職先としての「アイン薬局」を考えてみたいと思います。

アイン薬局成長のあゆみ

アイン薬局は1969年に株式会社第一臨床検査センターとして設立されたのが始まりで、現在の本社の所在地は北海道札幌市となっています。株式会社アインファーマシーズの商号となったのは1998年ですが、この頃から業務提携やM&Aにより目覚ましい成長を遂げていきます。

2008年には(現)ウエルシア薬局と経営統合するという話もありました。この合併話はウエルシア薬局の株主であるイオンの反対により否決されましたが、破談となった2008年後半には株式会社セブン&アイ・ホールディングスと資本・業務提携していますので、アイン薬局の成長を語る上でターニングポイントとなった大きな出来事の一つと言えるでしょう。

今やイオン系のウエルシア薬局がドラッグストア業界トップとなり、セブン&アイと提携したアイン薬局が調剤薬局トップになっています。ウエルシア薬局と経営統合されていたらどうなっていたでしょうか・・・

アイン薬局はその後もM&A等を行いながら成長していき、2015年には前述の持株会社体制に移行。直近では18年連続増収(2018年)という偉業も達成しています。

転職先としてのアイン薬局

株式会社アインホールディングスはファーマシー事業とリテール事業の2本柱で事業を展開していますが、売上高構成比は調剤薬局1,029店舗を擁するファーマシー事業88.9%と大半を占めています。グループの従業員数は9,603人ですが、約半数の4,457人が薬剤師ですのでスギ薬局、薬剤師が中心となって活躍している企業グループと言えるでしょう。

ここで注目したいのは女性の割合です。アインの女性従業員比率は79.5%。グループの大半は女性ですので、女性の待遇が悪いわけがありません。実際、子育て支援などの福利厚生も充実していますので、アイン薬局は女性薬剤師が活躍できる有力な転職先としてチェックしておくべきでしょう。

前置きが長くなりましたが、今回は転職先としてのアイン薬局という視点で、アイン薬局の給料やボーナスといった年収データは勿論、残業や休暇に関する情報、福利厚生、教育制度などアイン薬局の労働環境や条件面を出来る限り詳しく見ていきたいと思います。

アイン薬局の転職データ [もくじ]

アイン薬局の概要

アイン薬局
本社
北海道札幌市白石区東札幌5条2丁目4-30
設立 1969
資本金 21,894 百万円
株式公開 東証1部、札証
店舗数 1,077 店舗
関連会社
株式会社アインファーマシーズ (保険調剤薬局、ドラッグストア)
株式会社ダイチク (保険調剤薬局)
株式会社あさひ調剤 (保険調剤薬局)
株式会社メディオ薬局 (保険調剤薬局)
株式会社西日本ファーマシー (保険調剤薬局)
株式会社葵調剤 (保険調剤薬局)
株式会社コム・メディカル (保険調剤薬局)
株式会社ホールセールスターズ (医薬品卸売販売)
株式会社アユーララボラトリーズ (化粧品企画製造)
株式会社メディウェル (コンサルティング)
WEBサイト

アイン薬局は持ち株会社体制となっており、株式会社アインホールディングスがアイン薬局を運営する株式会社アインファーマシーズの株式を100%を保有するという構造になっています。株式会社アインホールディングスと株式会社セブン&アイ・ホールディングスは資本業務提携をしていますが、株式会社セブン&アイ・ホールディングスの株式の持ち分は7.78%と限定的で筆頭株主という訳ではありません。

株式会社アインホールディングスはファーマシー事業とリテール事業の2つを柱としていますが、売上の割合はファーマシー事業88.9%、リテール事業9.0%、その他2.1%となっており、売上の大半は医薬事業、つまり調剤薬局に関連するものということになります。

アイン薬局は株式会社アインファーマシーズが運営していますが、株式会社アインホールディングスの傘下には株式会社アインファーマシーズの他にも、株式会社ダイチ、株式会社あさひ調剤、株式会社メディオ薬局、株式会社西日本ファーマシー、株式会社葵調剤、株式会社コム・メディカル、株式会社ホールセールスターズといった調剤薬局系の企業が軒を連ねています。IRによれば今後もM&Aなど積極的な投資を行っていくとのことですので、まだまだ傘下の調剤薬局系企業は増えていきそうです。

店舗数は全国に1,077店舗。調剤薬局が1,029店舗、コスメ・ドラッグストアが48店舗となっています。北海道稚内から沖縄県石垣島まで日本全国の47都道府県に展開している企業は医療系に限らずともあまり例が無いのではないでしょうか。

主な出店エリア

アイン薬局は主に次の都道府県に薬局を展開しています。

北海道青森県岩手県宮城県秋田県山形県福島県茨城県栃木県群馬県埼玉県千葉県東京都神奈川県新潟県富山県石川県福井県山梨県長野県岐阜県静岡県愛知県三重県滋賀県京都府大阪府兵庫県奈良県和歌山県鳥取県島根県岡山県広島県山口県徳島県香川県愛媛県高知県福岡県佐賀県長崎県熊本県大分県宮崎県鹿児島県沖縄県

業績データ

アイン薬局 直近の業績
対象 2018年4月(連結)
売上 268,385 百万円
営業利益 19,622 百万円
経常利益 20,129 百万円
純利益 10,567 百万円

ここでご紹介するデータはアイン薬局の持ち株会社である株式会社アインホールディングスのものになります。ここで注目しておきたいのは直近の営業利益率の高さと自己資本比率の高さです。営業利益率は調剤業界の他社と比較しても頭一つ抜けていますし、50%を超える自己資本比率は安定した経営基盤の証でもあります。

調剤業界首位であること、18年連続増収となっていることと合わせて考えると上場企業としては申し分無い業績と言えるのではないでしょうか。

ちなみにアイン薬局を直接運営している株式会社アインファーマシーズは非上場企業ということもあり、公表されているデータは限定的ですが、売上だけ見れば株式会社アインホールディングスの268,385百万円に対して、株式会社アインファーマシーズは154,562万円となっていますので、グループの6割弱がアイン薬局に関連する売上と考えることが出来ます。

株式会社アインホールディングスは売上高2ケタ成長を明確な目標として掲げ、今後も新規出店やM&Aなど積極的に行いながら、毎年100店舗前後の出店を目指すとのことなので、アイングループの成長性に関しては期待しても良いのではないでしょうか。

採用に関する基本情報

アイン薬局の採用に関する情報は新卒向けにはスペシャルサイトが用意されていますが、中途採用に関しては募集要項を確認しようとするとアイングループの求人情報サイトに飛ばされ、求人を検索する仕組みになっています。薬剤師で検索してみると多数の求人がヒットしますが、給与は店舗による違いはなく一律同額で記載されています(例.月給24万5,000円以上)。求人の詳細も店舗独自の情報はあまり掲載されていません。 画像 ここでは求人票の中から幾つか代表的な項目をピックアップしておきます。

勤務地

求人自体は北海道から沖縄までほぼ全国の店舗で募集が出ています。新卒向けスペシャルサイトによるとコース別採用を導入していますので、中途採用でもこの採用システムの影響を受ける可能性があります。コースは全国の店舗で働くナショナル社員、広域エリア、狭域エリアから希望のエリア内で働くエリア社員、自宅から公共交通機関で90分圏内で働く自宅通勤社員の3つから構成されています。

勤務時間

実働平均週40時間となっています。実際の勤務時間は店舗や契約内容によって異なる旨の記載があります。

休日、休暇

1ヶ月の変形労働時間制。週休に関する記述は見つけることが出来ませんでした。連続休暇制度(年に1回最大9連休を取得できる制度)有り。詳しくは後述する福利厚生の項目をご覧ください。

昇給、賞与

昇給は年1回、ホーナスは年2回(7月、12月)。

アイン薬局の平均年収やボーナスの実状は?

アイン薬局の給与・ボーナス
平均年収 630 万円
ボーナス ? 万円
25歳平均月給 ? 万円
30歳平均月給 ? 万円
35歳平均月給 ? 万円
35歳平均月給 最低 ? 万円
35歳平均月給 最高 ? 万円

アイン薬局を直接運営している株式会社アインファーマシーズの年収データが公表されていない為、ここでは持ち株会社である株式会社アインホールディングスの年収データを掲載しています。平均年収は630万円で平均年齢39.8歳となっていますが、あくまで株式会社アインホールディングス単体(140名)のデータですので、アイン薬局の店舗で働く薬剤師の平均年収と直接結びつけて考えない方が良いでしょう。

収入の参考になるデータとして新卒採用サイトに記載されている情報をピックアップすると、調剤薬局薬剤師の初任給は月給250,000円~380,000円となっています。これに年2回のボーナスと薬剤師手当、社員区分手当、地域手当、寒冷地手当、残業手当、通勤手当などの諸手当が加わることになります。

中途採用で関係ありそうな手当としては、役職手当にあたるブロック長手当 65,000円、薬局長手当 55,000円、 副薬局長・薬局長代理手当 30,000円、 管理薬剤師手当 10,000円あたりでしょうか。

アイン薬局のサイト内には新卒採用以外の具体的な数字が出ていませんので、中途採用の実状に関しては転職エージェント経由で情報を引き出した方が参考になる数字が得られる筈です。

アイン薬局の労働環境は?

アイン薬局の労働環境
従業員数 9,603
(うち薬剤師 4,457人)
平均年齢 39.8
残業時間 ? 時間/月
有休消化日数 ? 日/年
平均勤続年数 ?
離職率 ?
3年後離職率 ?

こちらのデータも持ち株会社である株式会社アインホールディングス発表のデータとなります。従業員数はアインホールディングス単体では140人ですが、グループ全体では9,603人となっています。その内の約半数(4457人)を薬剤師が占めていますので、アイン薬局グループは薬剤師が中心になって活躍している企業グループと言うことが出来るのではないでしょうか。

また、女性従業員比率が高いのもアイン薬局の特徴です。アイン薬局では79.5%が女性従業員で占められており、時短利用者534人という数字も出ています。女性中心の職場を探している方にとっても検討する価値がある転職先と言えるでしょう。

応需処方箋枚数はグループで年間2,122万枚となっています。数字が大きすぎてピンと来ないと思いますが、単純に調剤薬局店舗数1,029で割ると、1店舗の処方箋枚数は1年あたり20,622枚、1ヶ月あたり1719枚となります。1日あたりにすると70~90枚といったところでしょうか。薬剤師数で割ると1人あたり4,761枚/年となります。1ヶ月あたり397枚、1日あたりにすると大凡16~20枚になります。

勿論、実際には店舗毎に規模も営業日数も異なります。また、全ての薬剤師がフルタイムで調剤業務に関わっている訳でもありません。薬事法で定められている1人当たり40枚/日と比較すると余裕があるように感じますが、あくまで規模感を把握する為の数字であり、各店舗の実状を示すものでない点はご留意ください。

週休・夏期冬期休暇

1ヶ月の変形労働時間制(週平均40時間/シフト制)。アイン薬局のエントリーシートには具体的な週休に関する記載はありません。アイン薬局では連続休暇制度と呼ばれる制度があり、年1回最大9連休を取得できることになっています。 調剤薬局店舗の多くはは日曜・祝日が定休日となっていますが、日・祝日・年末年始も営業している店舗も存在しますので、年末年始に確実に休みが取れるかどうかは勤務先店舗次第となりそうです。

福利厚生について

アイン薬局の採用情報サイトをみると様々な福利厚生が紹介されていますが、ここではその中から気になったものを幾つかピックアップしてご紹介します。

産前産後休暇

出産前の女性社員、出産後の女性社員が取得可能な休職制度です。出産前の勤務ではマタニティ用ユニフォームなども準備されています。休職期間は出産前6週間と出産後8週間の合計14週間となっています。この制度の取得実績は195名。

育児休業

産前産後休暇の後に利用できる休職制度。1歳になる前日まで育児休業が取得できます。こちらの制度は男女問わずとなっています。保育所に入所できない場合は2歳に達するまでという救済措置もあるようです。取得実績は女性370名、男性1名となっています。

育児短時間勤務制度

育児休業から復帰した後に利用できる時短制度。1日あたり最大2時間短縮することが可能です。アイン薬局では小学校就学時まで利用可能とのこと。但し、所定労働時間に満たない分は時間給で減額となります。取得実績は女性450名、男性1名。

連続休暇制度

1年に1度、最長9日間の連続休暇が取得可能です。採用サイトでは公休4日・特別休暇3日・有給休暇2日を合わせて9日間とする例が挙げられています。夏期や年末年始など希望する時期に取得可能かどうかは店舗の状況次第となるのではないでしょうか。

借上社宅制度・引越支度金

アイン薬局では自宅通勤社員以外は借上社宅制度を利用することが出来ます。物件探し、手続き、敷金・礼金、引越し費用を全額会社負担とし、支度金4万円を支給。家賃は60~80%が会社負担で自己負担額は給与から毎月天引きとなります。年収データだけでは見えない部分ですが、家賃で出て行く支出を大きく減らすことが出来ますので上手く活用できれば実質的には年収増と考えることも出来ます。

従業員持株会

毎月給与・賞与から天引きされるかたちでアインホールディングスの株式を購入する制度です。会社から奨励金として10%が上乗せされるのがポイントです。購入は1口1,000円で基本給の10%が上限となっています。申し込めば後は会社が手続きしてくれるので株式の知識がなくても投資をスタートすることが出来ます。株価は業績や景気に大きく左右されますが、アインホールディングスの株価は直近10年で約10倍になっています。あくまで投資なので元本を割り大きく減少する可能性もありますが、会社が10%加算してくれるというメリットもあります。余裕資金がある方は検討してみるのも良いかもしれません。

その他

上記に挙げた以外にもアイン薬局では次のような福利厚生が用意されています。
  • 各種社会保険(健康保険・厚生年金・雇用保険)
  • 労災保険
  • 退職金制度
  • 介護休業
  • 赴任補助制度
  • 契約保養所
  • 認定薬剤師取得支援制度
  • 大学院奨学資金制度
  • 人事考課制度

教育制度について

アイン薬局では大きく分けて3タイプの教育制度が用意されています。

ベーシック教育

全ての薬剤師を対象とした研修でキャリア研修・薬剤師研修・OJT研修から構成されています。ビジネスマナーは勿論、薬剤師として基礎から実践までの知識習得を目指します。

スペシャリスト教育

地域のかかりつけ薬剤師の育成や抗がん剤・抗HIV薬など高度薬学管理機能を持つ薬剤師の育成を目的とする教育制度です。学会発表、専門資格取得、高度薬学管理勉強会、海外研修、病院薬剤師研修などが用意されています。

マネジメント教育

店舗の責任者・リーダーとなれるよう様々な研修を実施しています。具体的にはOJTトレーナー研修、リーダーシップ研修、管理薬剤師研修、新任薬局長研修、ナショナル社員研修、幹部研修といった研修が用意されています。これらの研修を通じて薬局管理、労務管理などの知識も得ることが出来ます。

アイン薬局に有利な条件で転職するには?

調剤大手で働いてみたいと考えている薬剤師の方にとって、調剤業界首位のアイン薬局は検討すべき選択肢の一つであることは間違いないと思いますが、実際にどのようにアプローチすれば良いのでしょうか?

アイン薬局のエントリーシートから真っ向勝負を挑むのも一つの手ではありますが、エントリー後は先方のペースで進んでしまいがちですし、個人レベルで店舗の職場環境を把握したり、年収の交渉をすることは容易ではありません。

エントリーシートは基本的に条件が定まっている新卒採用に適したものであり、転職の場合は経歴やスキルに応じた条件交渉や事前調査が必要となりますので、転職エージェントを活用した方が十分な条件を引き出せるのと同時にリスクを軽減させることが出来ます。

しかし、転職エージェントならどれでも良いという訳ではありません。業界知識のある薬剤師専門のエージェントであることは勿論ですが、その中でもアイン薬局に関する情報やコネクションを豊富に持っていて、交渉に強い実績のあるエージェントを選択する必要があります。

アイン薬局のような調剤大手への転職を検討するなら

業界大手ということで最初にチェックしておきたいのがm3.comでお馴染みの薬キャリです。m3.comは35万人以上の医師・薬剤師が利用している医療情報サイトですが、薬キャリはそのエムスリーグループが提供する転職エージェントで毎年2万人もの薬剤師の方が薬キャリを利用して転職活動を行っています。

この記事を編集している時点では調剤薬局・調剤併設ドラッグストアの公開求人数が50,000件以上。これに多数の非公開求人が加わります。公開求人だけであれば会員登録無しでも閲覧できますのでチェックしない手はありません。

会員登録していない場合、公開求人といっても具体的な企業名は伏せられていますが、フリーワードで「アイン」を検索してみると薬キャリが扱っているアイン薬局の求人の一部がヒットし、募集内容をチェックすることが出来ます。

ここで掲載されている想定年収は幅がありますが、年齢や経験次第では年収600万円以上も狙えることがおわかり頂けるかと思います。アイン薬局は前述の通り福利厚生が充実していますので、総合的な収入では求人票に書かれている数字以上の価値がある筈です。

薬キャリに無料登録することで詳細データを取得することが出来ますので、アイン薬局への転職を検討している方は是非チェックしてみてください。

薬キャリでアイン薬局の求人を探す

調剤薬局・ドラッグストアの求人が50,000件以上。薬剤師登録数No.1の実績。毎年2万人もの薬剤師が利用しています。

アイン薬局の求人が900件以上

薬キャリと合わせてチェックしておきたいのが人材サービス大手のマイナビ薬剤師。こちらもアイン薬局の求人情報を集めるのには欠かせないエージェントと言えるでしょう。情報は制限されていますが、未登録でも閲覧できる公開求人で「アイン」を検索してみると・・・

909件もの求人情報がヒット(記事編集時点)。この909件に更に条件が良いとされる非公開求人が加わりますので、アイン薬局の取り扱い求人数という点では間違いなく業界トップクラスです。

マイナビ薬剤師に掲載されている公開求人の多くは企業名・店舗名まで記載されていますので、アイン薬局○○店の求人募集状況はどうなっているのか?という視点でチェックしていくことも出来ます。

アイン薬局の場合、求人情報に記載されている年収額は~600万円とほぼ同じ額が提示されており、年齢・経験・能力に応じて決まるようになっています。具体的に幾らで転職できるかは交渉次第。入職後に会社に対して昇給交渉を行うことは容易ではない為、転職のタイミングで貴方自身を売り込み、最善の条件を引き出すことが重要となります。

是非、薬キャリやマイナビ薬剤師のような実績のあるエージェントを上手く活用してください。登録・利用は無料です。実績のあるこれらのエージェントであれば無理強いされることはありません。相談だけでも歓迎というスタンスです。まずは、実際にアイン薬局でどの程度の年収が狙えるのか?詳細な情報を仕入れてみては如何でしょうか?

マイナビ薬剤師でアイン薬局の求人をチェック

アイン薬局の求人が公開求人だけでも900件以上。利用者満足度5年連続No.1の実績。
データ出典: アイン薬局WEBサイト、2020年四季報、Yahoo!ファイナンス
()
薬局・ドラッグストアの年収
サンドラッグ

サンドラッグ

サンドラッグは株式会社サンドラッグが提供するドラッグ ...

ツルハドラッグ

ツルハドラッグ

ツルハドラッグはドラッグストア大手で全国に1262もの店舗 ...

アイン薬局

アイン薬局

アイン薬局は北海道発祥の調剤薬局チェーンです。北海道か ...

ウエルシア薬局

ウエルシア薬局

ウエルシア薬局は業界最王手クラスのドラッグストアチェー ...

スギ薬局

スギ薬局

スギ薬局は東海地方を中心に展開する調剤薬局併設ドラッグ ...

クリエイトSD

クリエイトSD

株式会社クリエイトSDは郊外型ドラッグストアのパイオニア ...

人気&注目度ランキング
薬キャリ

薬キャリ

薬キャリはエムスリーキャリア株式会社が提供する薬剤師に ...

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師はマイナビニュースやマイナビ転職でお馴染 ...

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは株式会社メディカルリソースが運営する ...

ファーマキャリア

ファーマキャリア

ファーマキャリアはエニーキャリア株式会社がサービスを提 ...

お仕事ラボ

お仕事ラボ

お仕事ラボは株式会社AXISが提供する薬剤師転職支援サービ ...

ヤクジョ

ヤクジョ

ヤクジョはジェイネクスト株式会社が提供する薬剤師向け転 ...