薬剤師転職サイト比較.JAPAN

調剤薬局とドラッグストアで全く違う?職場別にみる管理薬剤師の業務内容

管理薬剤師のイメージ

管理薬剤師とひとことで言っても、職種や会社によってその働き方は実に様々です。その中でも割合的には調剤薬局の管理薬剤師が圧倒的に多いものだとは思いますが、それ以外にもドラッグストアや製薬会社、化粧品メーカー、卸などにも医薬品を取り扱うような企業には管理薬剤師の配置が法律で義務付けられているのです。そして職種が違えば業務内容は全く別物と言っても過言ではないほど異なるものなのです。

今回はそんな気になる職場別 管理薬剤師の主な業務内容についてお話ししていきたいと思います。

調剤薬局

調剤薬局の管理薬剤師は、薬局内の医薬品の管理や設備面の調整業務、スタッフの指導やシフトの管理、MSやMRなどへの対応、各医療機関への対応…などといった具合に、『店舗全体の運営・管理』をしています。

調剤薬局の運営においてはただ調剤をし、投薬をすればそれで良いというわけではもちろんありません。常に患者さんのことを考えつつスタッフへの気配りも怠らず、医薬品の供給もスムーズにおこなわれなければなりません。欠品のないようにするのは当然のことですが、いつまでも動きのないような医薬品、いわゆるデッドストックなどの管理も重要です。それらの業務を管理薬剤師がすべてこなすわけにはいきませんが、店舗スタッフへの教育・管理・監督・指導をする必要があります。

MSやMRへの対応はあまり難しくありませんが、医療機関との良好な関係づくりのための対応などはかなり神経を遣うものです。特に門前病院の医師との関係がうまくいかないと、薬局の運営にも直接影響しかねません。そのあたりは医師や看護師などと対話するための知識やコミュニケーション能力も求められます。

また、クレーム処理やスタッフの不平不満に対する対応など、一般薬剤師ではあまり必要のない業務もこなさなければならないため、かなりのストレスがかかるような場合もあります。特に調剤過誤や調剤事故への対応に関しては、自分のミスではなかったとしても真っ先に対応することが求められますので、責任感や倫理観も求められます。

このように調剤薬局の管理薬剤師は色んな物事に対して柔軟に対応できるような人材がふさわしいと言うことができるでしょう。

ドラッグストア

ドラッグストアの管理薬剤師も調剤薬局の管理薬剤師と似ており、医薬品や商品などの管理、スタッフの管理監督や教育・指導などが主な業務内容になります。

最近は登録販売者の資格を持つ者が店長を担っているというケースも少なくはありませんので、企業によっては管理薬剤師と店長という立場が完全にわけられている場合もよくあります。そのような企業では求められる仕事内容が店長と兼任している場合とはかなり違ってきます。

難しい数値管理やスタッフのシフト管理などは中心になってしなくてもよいケースもあるでしょう。オーナーが薬剤師ではないようなドラッグストアで、ただ単に管理薬剤師の配置義務を補完するためにパートで働くという形もあります。

ただ、店長兼管理薬剤師という立場でドラッグストアに勤務している場合は、売り上げがその店舗の評価に直結しますので、数値管理業務というものは一般的な調剤薬局に比べればかなり厳しくコントロールしていかなければなりません。ノルマを課せられている企業も多く、そのような場合はスタッフに対して叱咤激励する必要もあるでしょう。

流行りものや季節商品などの欠品が起こらないように世の中の流れにも常にアンテナを張っておき、事前に対策をしておく必要もあります。また、整然とした売り場作りや魅力的なポップ作りなども大切になってきます。ただ、ポップなどは法律の範囲内で効果効能を謳わなければなりませんので、違法な表示をしていないかなどの監督業務も管理薬剤師の重要な仕事のひとつになります。

さらに返品詐欺やクレーマーなどへの対策もおこなわなければなりません。特にドラッグストアにおいては調剤薬局と違い、顧客情報をすべて把握しているわけではありませんので返品処理などは細かい確認作業が必要になってきます。

いきなりレジの担当に対して「この商品を返品したい!今すぐに返金しろ!」と圧力的に詰め寄られ、勢いに押されるがままに返品に応じてしまうようなことがあってはいけませんので、そのような返品詐欺やクレーマーなどへの対応の仕方などもスタッフに指導しておかなければなりません。

このように多角的に店舗の管理運営ができるようにしておかなければならないというのがドラッグストアにおける管理薬剤師の仕事になります。

病院

まず、病院には管理薬剤師の配置義務がありませんので、基本的には薬局長や薬剤部長という立場の方が管理業務をしているという場合がほとんどでしょう。

病院では調剤薬局とは違って医師や看護師、理学療法士や管理栄養士など実に様々な職種の方が働いています。薬剤部長はそれらの職種の方と常にコンタクトを取りながら病院全体のバランスを維持していく役割を果たす必要もあります。また、入院患者に対する病棟管理業務や注射薬の管理や混注業務、医師への処方提案なども日常的におこなわれる必要があることから、日々の自己研鑽はさることながら、他の薬剤師への監督・指導も欠かせません。

また、薬事審査会での新規採用薬の選定や医師間の意見の調整なども薬剤師の立場から求められることもあります。他の部署に対しても幅広く顔を出しつつ、良好な関係づくりをしていく必要もあるでしょう。つまり調剤薬局やドラッグストアとはまた違って、他職種間でのコミュニケーション能力というものがより高い水準で求められることになります。

しかし、場的には薬剤部でも責任のある立場にはありますが、病院全体で考えてみると一部門の管理職でしかなく、いくら出世意欲があったとしても病院の経営や運営に携わっていくような立場を目指すのは難しいでしょう。

いわゆる中間管理職という立場になりますので、院長や他の部門長からの要望やクレーム、薬剤部内における部下からの意見や不満、相談事などで板挟み状態にされてしまうようなこともあり、ストレスを抱えながら仕事をしていかなければならない可能性もあります。

ただ、上手に働くことさえできれば、最先端の医療に触れながら医師をはじめ他職種の方からも信頼されるような立場になることもでき、他の管理薬剤師とは違ったやりがいを感じることもできるでしょう。

企業

企業の管理薬剤師は会社によって実に様々ですが、共通する部分としては医薬品の管理責任者であり、従業員の監督・指導も必要な立場になります。細かい業務内容の例として、製薬会社では行政への新薬承認における書類作成や申請業務、取引先への情報提供業務など、企業の外へ出て行く必要のある仕事もあります。

また、さまざまな資料や文献の検索及びそれらの情報をまとめる仕事などのデスクワークも存在します。卸の管理薬剤師などでは自社のMSに対して新薬の説明をおこなったり、定期的に勉強会を開いたり…といった業務もあり、高いプレゼンテーション能力が求められることもあります。

さらに外部からの問い合わせなどに対応するDI業務もあり、常に新しい情報を取り入れながらその情報を加工し、まとめていく能力も求められることになります。

企業の管理薬剤師の最大の魅力は一般的に勤務時間が短く、土日は休みであるということが多いことから、「規則正しい生活をしたい」という方に向いている職種だということもできるでしょう。

管理薬剤師をきっかけに収入アップを狙うなら

職場別管理薬剤師の業務内容についてお話してきましたがいかがでしたでしょうか。

いずれにしても責任のある立場であり、管理能力やコミュニケーション能力が求められるといういことは共通しているものですが、そのぶんやりがいも感じることができるでしょう。

管理薬剤師になると働き方が大きく変わりますが、薬剤師の場合は社内のポジションアップだけでは昇給も限定的です。これから管理薬剤師を目指す方、現在管理薬剤師で新しい環境への転職を目指している方は是非転職エージェントに相談してみてください。相場に見合ったより良い条件で活躍できる職場が見つかる筈ですよ。

管理薬剤師として働くなら・・・
薬キャリ
管理薬剤師の公開求人が3,000件以上閲覧可能。年収800万円クラスの求人票も。非公開求人は勿論、条件交渉も活用して後悔のない転職を。
マイナビ薬剤師
約1,000件の管理職候補の公開求人を閲覧可能。
ファルマスタッフ
管理薬剤師候補の募集が多数掲載されています。
written by EBTR ()
薬剤師求人コラム
50代・60代ベテラン薬剤師の転職:調剤薬局の現場で求められる人物とは?

50代・60代ベテラン薬剤師の転職:調剤薬局の現場で求められる人物とは?

調剤薬局の現場において求められる人物像について、みなさ ...

調剤薬局とドラッグストアで全く違う?職場別にみる管理薬剤師の業務内容

調剤薬局とドラッグストアで全く違う?職場別にみる管理薬剤師の業務内容

管理薬剤師とひとことで言っても、職種や会社によってその ...

大手と中小企業、ブラックな調剤薬局はどっち?転職の際に注意したい3つのポイント

大手と中小企業、ブラックな調剤薬局はどっち?転職の際に注意したい3つのポイント

転職を検討中のみなさんは、大手と中小のどちらに転職しよ ...

本当は教えたくない!? 調剤薬局で働く薬剤師が高年収を得る為のたった2つの方法

本当は教えたくない!? 調剤薬局で働く薬剤師が高年収を得る為のたった2つの方法

調剤薬局で働く薬剤師の平均年収は、残業時間や勤務地の違 ...

薬剤師転職サイト登録後のヒアリングで事前に準備しておくべき回答とは?

薬剤師転職サイト登録後のヒアリングで事前に準備しておくべき回答とは?

転職をお考え中の薬剤師のみなさんは、薬剤師転職サービス ...

適切な処方箋の数は?処方箋の枚数からわかる転職を避けるべき調剤薬局

適切な処方箋の数は?処方箋の枚数からわかる転職を避けるべき調剤薬局

転職を検討されている薬剤師の皆さんは、取り扱い処方せん ...

人気&注目度ランキング
薬キャリ

薬キャリ

薬キャリはエムスリーキャリア株式会社が提供する薬剤師に ...

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師はマイナビニュースやマイナビ転職でお馴染 ...

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは株式会社メディカルリソースが運営する ...

ファーマキャリア

ファーマキャリア

ファーマキャリアはエニーキャリア株式会社がサービスを提 ...

ヤクジョ

ヤクジョ

ヤクジョはジェイネクスト株式会社が提供する薬剤師向け転 ...

アプロ・ドットコム

アプロ・ドットコム

アプロ・ドットコムは株式会社アプロ・ドットコムが提供す ...

管理薬剤師として働くなら・・・
薬キャリ