薬剤師転職サイト比較.JAPAN

転職する薬剤師が面接でアピールすべきこと、伝えるべきこと、聞かれること

転職の面接を受ける女性薬剤師

転職活動をする上で面接は避けて通ることのできないものですよね。

面接が得意だという方もいらっしゃるでしょうけど、ちょっと苦手かも…と思っている方も意外と多いのではないでしょうか。ましてみなさん以外にも薬剤師の応募があって、並行して何名もの薬剤師の面接をしているような職場だったら『内定がもらえない』なんてことも考えられます。そんなこと考えてたらますます不安になっちゃいますよね。

そこで今回は、転職する薬剤師が面接においてどのようなことを準備しておけば良いのかということについてお話ししていきたいと思います。

薬剤師が面接でアピールすべきこと

社会人としてどのようなことをしてきたのか

薬剤師として転職するわけですから、もちろん薬剤師として経験してきたことを話すのは当然のこと。でも薬剤師の経験って、面接の短い時間では他の薬剤師の方とはあまり差が付かない部分だったりします。1~2年目の薬剤師であっても、「総合病院の門前にいた」と言われればある程度即戦力として考えられるもの。なので薬剤師としての経験はそんなに重要ではない場合もあります。

実はそれよりも社会人としてどのようなことをしてきたのか、そしてその過ごしてこられた過程を全面的にアピールすることがとても大切です。

例えば、こんな失敗をしたことがあるけれど、みんなで力を合わせて解決することで成長できたという経験や、新人の教育担当をしていた、というようなものでも良いでしょう。「この人は社会人としてこんな働き方をしてきたんだな」というのが見えるような話ができれば、実際に採用した際にどのような働き方をしてくれるのかということが想像しやすく、内定を勝ち取る確率が高まります。

薬剤師未経験の方であっても、社会人としての過ごしてきた過程というのはかけがえのない経験であり、最大のアピールポイントになるのです。

人間性の部分は最大のアピールポイントになる

もうひとつ大切なことは、人間性の部分です。これは「私はこんな人間だ」と言葉でアピールするというものではありません。

面接官の話を聞く姿勢や面接中の振る舞い、笑顔などももちろん大切です。そのような細かい部分まで面接ではかなりチェックされているものですので、良い印象を与えるためにもハキハキと笑顔で答えるように心掛けましょう。

そういった心掛けをしている姿勢が見えるだけでじゅうぶん人間性のアピールにはつながるのです。

薬剤師が面接で伝えるべきこと

自分の目指す薬剤師像、話の中心となる軸をしっかりと持った上で話す

面接の席においては、もちろん臨機応変に話をする必要があるのが大前提ですが、その場その場で思いついたことをなんとなく話していると、気が付けば話に一貫性がなくなってしまうといったこともあります。「結局この人は何が言いたいのか」と思われてしまっては面接失敗です。

どのような働き方がしたいのかというのは人によってまったく異なるものだとは思いますが、例えば「在宅を中心に地域医療に貢献したい」「この町の頼れる薬剤師さんと呼ばれるような地域密着の薬剤師になりたい」「店舗開発などマネージメントを中心とした働き方がしたい」などなど、コレという軸をしっかり持った上で話をするようにすると、みなさんの人となりや思いは伝わるものです。そしてその軸が決してブレないように徹底していただくことがとても大切なのです。

薬剤師に限らず転職の面接で聞かれること

これは面接の場によって様々だとは思いますが、最低限の準備はしておきましょう。

  • なぜ我が社を選んだのか
  • 前職までの退職理由は?
  • 入社後、どんなことがしたいのか
  • 転居を伴う異動は可能か
  • 想定外の勤務条件の提示(週休1日の働き方は可能か、など)

などなどが代表的なものであり、準備しておきたいものです。

その会社を選んだ理由や前職の退職理由などは比較的準備しやすいものだとは思いますが、転居を伴う異動の話や想定外の勤務条件の話などが急に飛び出すこともあります。転職サイトを通して面接にのぞんだ場合でも、書面で見ていた勤務条件とは異なった条件提示をしてくる場合もあるのです。

このような変化球に対してどのように対応するかということも事前に心の準備をしておく必要があります。もちろんすべての条件に対して「何でもします」と言う必要はありません。みなさんの印象が良く、面接官が思い付きで将来的に幹部候補になって欲しいという思いから急な変化球を投げてくることもありますので、そういった想定外の話に対しては「今すぐにお答えすることはできませんが、できる限り対応させていただきたく考えています。」などといった返答をしておくのが良いでしょう。

ただ、このような想定外の質問もされる可能性があるということは頭の中に置いておくようにしてくださいね。

面接は事前の準備が大切。面接対策には転職エージェントの力も利用しよう。

面接の際にアピールすることや、伝えるべきこと、聞かれることなどをお話してきましたがいかがでしたでしょうか。

面接にのぞむためにはやはり事前の準備が大切であり、想定外の質問をされる可能性もあるということをご理解いただくことができましたでしょうか。

転職エージェントは面接に同席することも多く、その会社がどのような質問をして、どのように回答すべきか情報を把握している場合が多々あります。

ご自身で考えることに加えて、転職エージェントからもその会社に関する情報を得るようにしてください。

薬キャリ
年間2万人の薬剤師が利用
薬剤師登録者数No.1
年間利用者
2万人以上
コンサルタント満足度
95%
公開求人数
50,000件
非公開求人数
多数
派遣求人
有り
「薬キャリ」の母体は東証一部上場企業エムスリー株式会社(ソニーのグループ企業)が運営する日本最大級の医療専門サイトm3.com。1年間に2万人以上もの薬剤師の方が利用する業界大手の転職支援サービスです。コンサルタント満足度は95%。転職相談だけでもOK。
マイナビ薬剤師
面談によるサポートに強い
利用者満足度No.1
国内に拠点が多く、サポート力には定評あり。公開求人数も4万件以上とトップクラス。
ファルマスタッフ
調剤業界大手
日本調剤(株)グループ提供
調剤業界大手日本調剤(株)グループが提供する薬剤師向け転職支援・派遣サービス。
written by 編集部 ()
薬剤師求人コラム
調剤薬局への転職:選ぶべき薬局と選んではいけない薬局を見極めるポイント

調剤薬局への転職:選ぶべき薬局と選んではいけない薬局を見極めるポイント

調剤薬局への転職をお考えの薬剤師の方は、何を基準に転職 ...

育児中のママ薬剤師が探すべき求人は時短勤務かつ福利厚生も充実している調剤薬局

育児中のママ薬剤師が探すべき求人は時短勤務かつ福利厚生も充実している調剤薬局

育児中のママ薬剤師にとって最適な職場とはどのようなもの ...

調剤薬局薬剤師の有利な働き方は?雇用形態別の仕事内容や勤務時間、収入をチェック。

調剤薬局薬剤師の有利な働き方は?雇用形態別の仕事内容や勤務時間、収入をチェック。

調剤薬局での薬剤師の働き方には正社員・パート社員・派遣 ...

調剤薬局とドラッグストア:ブランクから復帰した薬剤師ママが働き易い職場は?

調剤薬局とドラッグストア:ブランクから復帰した薬剤師ママが働き易い職場は?

調剤薬局とドラッグストア。そのどちらも薬剤師にとっては ...

転職理由:職場の雰囲気や薬剤師としての理念が合わないと感じた時は転職しかない?

転職理由:職場の雰囲気や薬剤師としての理念が合わないと感じた時は転職しかない?

毎日足を運ぶ職場。出勤する前に「気が重いなぁ…」 ...

転職する薬剤師が面接でアピールすべきこと、伝えるべきこと、聞かれること

転職する薬剤師が面接でアピールすべきこと、伝えるべきこと、聞かれること

転職活動をする上で面接は避けて通ることのできないもので ...

人気&注目度ランキング
薬キャリ

薬キャリ

薬キャリはエムスリーキャリア株式会社が提供する薬剤師に ...

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師はマイナビニュースやマイナビ転職でお馴染 ...

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは株式会社メディカルリソースが運営する ...

ファーマキャリア

ファーマキャリア

ファーマキャリアはエニーキャリア株式会社がサービスを提 ...

お仕事ラボ

お仕事ラボ

お仕事ラボは株式会社AXISが提供する薬剤師転職支援サービ ...

ヤクジョ

ヤクジョ

ヤクジョはジェイネクスト株式会社が提供する薬剤師向け転 ...

ズバリおすすめは・・・
薬キャリ