薬剤師の資格を活かした転職:子育てしながら働く場合はパートや在宅も検討しよう

子育てをしていても、自分のキャリアを活かして働きたいと思っている人はたくさんいます。

でも、仕事が忙しいからといって子供との時間が取れなくなるようなことはしたくない、と悩んでいる人が、子育てをしながら薬剤師として働ける仕事についてご紹介します。

1.パートや短期・単発で働く

薬剤師にもパートや短期・単発の仕事があります。

仕事内容は、ドラッグストア・調剤薬局での調剤や販売、コールセンターでの健康相談や問い合わせ対応、病院でのDI業務やレセプト処理、製薬会社でのDI業務やQC、治験受託会社(CRO)でのCRA・CRCアシスタントやCRFチェックなどの仕事があります。

パートや短期・単発のお仕事は人気が高いため、気になるお仕事が見つかったらすぐに応募しましょう。

パートの特徴

薬剤師であれば1日3時間でも時給が2000円を超えていることが殆どの為、週3日勤務で月給7~8万円、年間100万前後になるので扶養枠内で働くことができます。

パートで働くことの魅力として、時間が短いということ以外にも、未経験の職種にチャレンジして経験を積むことができるという魅力もあります。

例えば、出産前まで調剤薬局での調剤経験しかなくても、製薬会社でのDI業務にチャレンジして、子供が大きくなったらフルタイムでのDI業務の仕事を探すこともできます。

パートであっても一定の期間経験を積めば、アシスタントではなく正社員の人と同じ仕事を任されるようになるため、転職時には経験者として認めてもらえます。

興味のある職種があれば積極的に応募してみましょう。

短期・単発の特徴

繁忙期の求人であるため、残業が多めに発生することがあります。ただし、毎月発生する仕事のスポットとして入る場合、一度経験すると毎月お願いされることがあるため、安定した収入を得ることができます。

短期や単発の場合は経験が重視されることが多いため、出産前までに経験した職種であればスムーズに仕事が決まります。

仕事を探す際は自分で求人情報を見て探すよりも、大手の派遣会社や短期・単発専門の派遣やバイトを斡旋している会社に登録すると様々な案件から探すことができます。

2.在宅で働く

薬剤師の資格を活かして在宅で働くことができます。

子育てしながら働くことができるうえ時間の融通がききますが、仕事の締め切りがありますので、自分でスケジュール管理をしなければなりません。

パソコンのスキルは文字入力ができれば問題のないものも多いですが、翻訳の案件もあるため英語のスキルが問われることがあります。

在宅ワークや仕事内容の経験がなくても、チャットやメールでのサポートがあるので、安心して仕事をスタートすることができます。

在宅ワークの種類

  • 添付文書や海外文献の翻訳
  • DI業務代行
  • 問い合わせ応対(メールの返信や転送された電話での応対)
  • レセプト代行
  • 治験事務代行
  • 医療系のデータ入力
  • 医薬品や健康情報のライター業務など

お仕事は一般の求人情報よりも、薬剤師専用の求人サイトや在宅ワーク専用のサイトを利用すると見つけることができます。

在宅での仕事も人気が高いため、求人を見つけたらすぐに応募するようにしてくださいね。

転職するか決めていないけど情報収集を目的として登録するのはあり?

薬剤師に限ったことではありませんが、仕事をしていると「こんな仕事辞めてやる」と思う日もありますよね。

今すぐ辞めるつもりもないけど、どんな仕事があるのか知りたい、今後どのようにキャリアを形成すれば良いのか相談してみたい、と思うこともあるでしょう。転職時期は未定だけれど人材サービスに登録しても良いのでしょうか。

1.多くの薬剤師が迷いながら転職サイトを利用している

転職サイトによく利用者実績が載っていますが、「こんな仕事辞めてやる」という勢いで登録したものの利用していなかったり、どんな仕事があるか情報収集のために登録している人が半数、実際に転職活動している人が半数といった程度で登録している全ての薬剤師の方が転職活動をしているわけではありません。

基本はすぐに転職したい人向けですが、迷っていても登録は可能です。

転職サイトに登録する際には、薬科大を卒業した年から現在までの薬剤師としての仕事内容などを入力しなければなりません。いわゆる「キャリアの棚卸し」というものです。

この棚卸しをしているうちに、「もう少し今の仕事をがんばってみようかな」と思う人もいますし、この業務(たとえば調剤)をもっと極めたいと思う人もいるでしょう。

そこから、転職について考え始めて、現在はどんな求人があるのか探してみましょう。

また、転職サイトによってはスカウト機能がついているものもありますので、スカウト機能を利用してみると、ある日思いもかけない企業からスカウトが届くかも知れません。

2.薬剤師向け転職支援サービスも色々

転職エージェントとも呼ばれる転職支援サービスは、転職する意志が固まっていないと利用できないと思っている人も多いかも知れませんが、「転職時期未定、希望に合う仕事があれば転職するかも」という気持ちでも登録することはできます。

転職支援サービスは様々な企業がサービスを提供していますが、薬剤師の方であれば、薬剤師専門の転職支援サービスを選んでください。可能であれば、キャリアカウンセラー資格を持っているキャリアカウンセラーがいる転職支援サービスであれば安心ですね。

キャリアカウンセラーの資格は様々なものが存在し、必ずしも持っていなければいけない資格ではありませんが、CDAとGDCFの資格を持っている方であれば一定のスキルがあると考えて良いでしょう。

薬剤師専門の転職支援サービスでは資格を持っている方はそれ程多くないかもしれませんが、キャリアカウンセラーのプロフィールを見れば保有資格が書かれていると思いますので、気になる方はチェックしてみてください。

もし、資格を持っていないとしても薬剤師転職市場の情報には長けていますので、求人の相場や現在のご自身のポジションを確認するには良い機会です。遠慮無く色々と質問してみてください。

ここであまり良いレスポンスが得られないようであれば、担当を変えて貰うか、他社の転職支援サービスを利用するようにしましょう。あまりスキルが高くないキャリアカウンセラーが担当になってしまうと、転職は勿論、事前の情報収集でも大した成果が得られない可能性があります。

希望がある場合はしっかりと主張することが重要です。

3.病院薬剤師に興味があるなら迷っていても早めに登録を

なんとなく病院薬剤師に興味がある。いつかは病院薬剤師をやってみたい、という気持ちがある人は、病院薬剤師の求人に強い転職支援サービスに余裕をもって登録しておくことが必要です。。

病院薬剤師の仕事は、欠員が出ない限り募集はありません。常に求人を募集している病院があるとするなら、何らかの問題を抱えていると疑った方が良いかもしれません。

「引っ越しせずに近所の病院で」と思っているのであれば、早めに転職支援サービスの登録を行い、求人が出たら一番に知らせて貰えるようにしておくことが重要です。