結婚や引越など薬剤師転職サイトを利用する理由は様々 ~薬剤師転職サイト利用者の体験談のまとめ【その1】~

当サイトでは多くの薬剤師の方から転職体験談を投稿頂き、薬剤師転職の口コミ・評判としてご紹介させて頂いておりますが、頂く体験談の中にはフォーマットやボリュームの関係から薬剤師転職の口コミ・評判への掲載が難しいものも御座います。そんな掲載出来なかった転職体験談をいくつかまとめてご紹介していきたいと思います。

結婚・引っ越しで転職活動することになりファルマスタッフを利用

私は、薬剤師として働いていましたが、結婚でそれまでずっと住んでいた地域から引越しをすることになりました。そして結婚をしてからも、薬剤師として働きたいと思ったのですが、あまり新しい引越し先の土地勘もなくて転職したいけど、どのように転職活動をして良いのか分からずに困っていました。

そんな時何気なくネットで見つけたファルマスタッフに登録してみたのです。ファルマスタッフに登録してみたら、すぐに私にピッタリの薬剤師としての好待遇で通いやすい転職先を紹介してくれたのです。新婚だったので、いつ子供が出来るか分からないと思い、産休と育休が取得出来る職場を希望していましたが、その条件もきちんと聞いてくれました。スタッフの方がとても親切だったので、本当に感謝しています。

ファルマスタッフに相談してみたおかげで、難しいと感じる転職もとても気持ち良く出来たと感じています。今では薬剤師として、もう一度自分の能力を活かした仕事が出来ていますので、本当に充実した毎日を送ることが出来ています。ファルマスタッフに登録してみて本当に良かったと思っています。今後また転職する機会があれば、すぐにファルマスタッフに相談してみようと思っています。(emさん・30代)

ファゲットで転職活動中

ファゲットに登録をして現在、求職中です。以前から転職サイトは、いろいろ見ていましたが、求人の充実度と老舗薬剤師転職サイトの安心感からファゲットを利用することにしました。より良い待遇やスキルアップを目指して転職を考えているのですが、自分が納得できる薬局を見つけることができるまでじっくり選んでいます。

ファゲットの使い心地が良く気に入っている部分は、当たり前ではありますが薬剤師向けの求人情報の探しやすさです。薬剤師に特化しているので、コンサルタントも薬剤師の業界に長けており、かなり専門的な相談も可能でした。

求人数の多さも納得できる件数があります。首都圏以外の求人情報も揃っているので、地方への転職も選択肢の一つとして考えることができるようになりました。求人内容もしっかりとしたものしかなく、非常に誠意的にかんじられるものばかりです。

サポート体制も万全でコンサルタントによる指導やアドバイスはメールだけではなく電話でもしてもらえています。中立の立場に立って指導してもらえるので、理にかなった指導内容ですので信頼できます。希望条件が妥協できなく悩んでいたときも適切なアドバイスをもらえたので前に進むことができました。

そのほかの薬剤師の転職経験者の体験談やレビューも知ることができるので、モチベーションが下がりそうになっているときは、求人情報以外のコラムなどをみて勇気をもらっています。

システム面でもお気に入りや最近見た求人などがトップページからボタン一つで移動できるので利便性は抜群です。サイトの見やすさもすごく良いです。無駄にガチャガチャしていなくシンプルなので必要な情報を得るのに邪魔をされないので余分なストレスを感じさせないのが良いです。(はるさん・30代)

薬キャリで転職して時給アップ

私は、薬キャリで転職して、今本当に楽しく仕事をさせてもらっています。

子供の都合で引っ越すことになり転職したのですが、時間も、待遇も、人間関係も本当に満足の職場に転職することができました。薬局を探して紹介してくださった薬キャリスタッフの方には感謝の言葉しかありません。

薬キャリに登録すると、2日以内に電話をかけていただけました。その時に具体的な転職の時期・場所・希望する雇用形態や時間・曜日などを聞き取っていただきました。

その数日後にはたくさんの求人をメールでご紹介いただいて、その中でこちらが気になる求人を電話でヒアリングしていただけました。こちらが気になっているとお伝えした薬局にはすぐアポイントを取っていただけ、あっという間に面接の日取りが決まりました。面接後のサポートも、言い出しづらい時給の事なども代わりに交渉していただけて、思っていたよりも高時給で雇っていただけて大満足です。(オサコさん・30代)

PDFなら無料!?1,233本の情報を収録したニンテンドー3DS オールソフトカタログを買ってみた

2018年7月19日ニンテンドー3DS オールソフトカタログが発売されました。

一見書籍のようですが、「ニンテンドー3DS オールソフトカタログ」が付いたニンテンドープリペイドカード1,000円とという商品で、あくまでメインは1,000円のプリペイドカードです。

1,000円分の任天堂プリペイドカードが付属して1,000円ですので、ニンテンドー3DS オールソフトカタログは実質無料ということになりますね。

気になるニンテンドー3DS オールソフトカタログの内容ですが、1,233本の情報を収録した175ページの冊子となっています。

紙質や体裁は雑誌の付録のような感じですが、プリペイドカードのオマケと考えると十分に豪華な内容ですね。

冊子は約26cm×21cm。ファミ通責任編集という事でファミ通とほぼ同じサイズになっています。

裏表紙にプリペイドカード1,000円分が付いています。

今回はオンラインソフトよりもニンテンドー3DS オールソフトカタログの冊子を目当てで購入する方が一定数居ると思いますので、ヤフオクやメルカリにプリペイドカードだけ出回る可能性もありそうですね。

目次は非常に簡単なものになっています。巻頭で人気ゲームを幾つか紹介して、後は発売日順にゲームを紹介という流れになっています。

巻頭の人気ゲームの紹介記事はこんな感じ。1ページ1作品構成で比較的詳しく内容あ紹介されています。

その他大半のゲームは1ページ8作品で構成されています。

作品紹介は、タイトル、メーカー名、ジャンル、発売日、価格、レイティング、サムネイル、紹介文章、QRコードという構成です。紹介文章は100文字強程度の簡単なものですが、カタログとしては十分な内容です。

贅沢を言えばパッケージ版ソフトはパッケージ画像も入れて欲しかった気もしますが、あくまでオマケですので仕方ないですね。

ニンテンドー3DS オールソフトカタログは期間限定での販売だと思いますので、気になる方は販売店に走りましょう。販売店は次の通り。

  • セブン-イレブン
  • ローソン
  • イトーヨーカドー
  • エディオン
  • ゲオ
  • 上新電機
  • 3Bee
  • ソフマップ
  • TSUTAYA
  • ビックカメラ
  • フタバ図書
  • ブック・スクウェア
  • 古本市場
  • ヤマダ電機
  • ヨドバシカメラ
  • Wonder GOO

ざっくり調べた限りでは、テレビゲーム取り扱い店舗の店頭のみのようです。

ヨドバシカメラやビックカメラのサイトをチェックしてみましたが、ネット通販では扱っていないようですので注意してください。

私は地元のセブンイレブンで19日の午前中に購入しましたが、1店舗目は全く扱いがなく(任天堂プリペイドカードは売っていた)、2店舗目で購入することが出来ました。

プリペイドカード売り場ではなく、雑誌などの棚に本として並んでいました。

ゲームファンなら何とかして手に入れたいニンテンドー3DS オールソフトカタログですが、なんとPDF版は無料ダウンロードとなっています。

https://www.nintendo.co.jp/summersale2018/pdf/3dscat_all.pdf

最初はサンプルかと思いましたが、どうやら全ページ収録されているようです。本当に太っ腹ですね。

個人的にはこのようなカタログ本がとても好きなので、オマケではなく、より充実させたものを書籍として発売してくれると嬉しいのですが・・・

最近ではレトロゲームのカタログ本が出版ラッシュとなっているので期待したいところです。

以前のゲームカタログ本は1,000円程度が相場でしたが、最近では2,000円前後が当たり前。高価な割に今回のニンテンドー3DS オールソフトカタログよりショボい内容のものが多いので、今回のニンテンドー3DS オールソフトカタログが一つの基準になればいいなと思います。

任天堂ではありませんが、2017年5月に発売されたメガドライブパーフェクトカタログは2,500円と高価ですが、とても内容は充実していました。興味がある方は是非。

ちなみに今回のニンテンドー3DS オールソフトカタログは『ニンテンドー3DS ウルトラサマーセール』にタイアップしたもののようですね。

カタログを読んで付属のプリペイドカードでオンラインソフトを買ってねという趣旨のようです。

ニンテンドー3DS ウルトラサマーセールがどのような意図で企画されたのかはわかりませんが、今後発売予定となっている3DS用ソフトの数やニンテンドー3DS オールソフトカタログを発行したことを考えると、最後の祭となるのかもしれませんね。

3DSは既にNewニンテンドー3DSは生産を終了。大画面のNewニンテンドー3DS LLは生産が続いているようですが、既に主力は3D機能無しのNewニンテンドー2DS LLに移ってしまっています。

で、3D機能の無い2DSはDSの性能アップバージョンでしか無いんですよね。

処理速度にしても解像度やグラフィック性能にしても、現在流通しているスマホより大きく劣る性能ですので、この端末を現役機として商売できる任天堂は本当に商売上手です。

それでもいい加減、3DS・2DSは終息に向かい、携帯機もSwitchが主力になるのかもしれませんね。

絶好調だったSwitchも気が付けば対応ソフト不足で失速気味ですが、そこは任天堂の事です。3DSのように様々なバリエーションを用意して長期的に展開していくのでしょうね。