薬剤師転職メモ

ドラッグストアへの転職:知っておきたい仕事内容と年収目安

転職先活動をしていると求人数の多いドラッグストアでの仕事とは、どんなものなのだろうと気にしている人もいると思います。あちらこちらに出店をしているドラッグストアチェーンでは薬剤師が不足しています。

ドラッグストアでの仕事内容とはどんなものなのでしょう。

1)調剤併設は運営企業の方針により仕事が異なる

調剤併設型の場合は、保健所への届け出がOTC販売店舗と別々の場合は、調剤薬局扱いになるため勤務時間や売上の管理も別になり、OTC販売に関わることがなく、仕事内容は調剤薬局と同じになります。

【仕事内容】

  • 処方箋鑑査
  • 保険証番号の確認
  • 調剤
  • 服薬指導(重複薬や相互作用の確認)
  • 薬歴管理
  • 医師への疑義照会 ・・・など

保健所への届け出がOTC販売店舗と同一の場合は、運営企業の方針により異なります。調剤に専念する場合、お客様からの問い合わせがあった時のみ対応をする場合、調剤とOTCの対応、レジ打ちや日用品の品出しも行う場合があります。

調剤とOTCを兼任するオールラウンダーとして働く場合は、切り替えの早さや調整能力の高さが問われます。

【仕事内容】

  • 処方箋に基づく調剤
  • 服薬指導
  • 薬歴管理
  • 処方箋の内容確認
  • お客様の症状によって市販薬の提供
  • 同じ効果のある薬に対して、何が違うのかなどの商品説明
  • サプリメントやダイエット食品に関する相談
  • 日用品などの商品を倉庫から出して陳列
  • 日用品のレジ打ち ・・・など

2)商品の配列により仕事内容が異なる

OTC販売専門のドラッグストアは、商品の配列により仕事内容がことなります。ドラッグストアには、第1類医薬品をお客様が手に取って選べる店舗と、レジカンター内に陳列されている場合があります。

第1類医薬品をお客様が手に取って選べる店舗では、第1類医薬品に関する問い合わせ対応やアドバイスのみの対応を行い、基本的にはレジ打ちや品出し等は行いません。
混雑時は忙しくなる時もありますが、空いている時間は自分のペースで仕事ができます。

【仕事内容】

  • お客様の症状によって市販薬の提供
  • 同じ効果のある薬に対して、何が違うのかなどの商品説明
  • サプリメントやダイエット食品に関する相談 ・・・など

第1類医薬品がレジカンター内に陳列されている場合は、登録販売員と同じ仕事内容になるため、薬剤師としての資格を活かすというより販売員としての仕事が多くなります。

【仕事内容】

  • 日用品などの商品を倉庫から出して陳列
  • 日用品のレジ打ち
  • 店内の清掃
  • お客様の症状によって市販薬の提供
  • 同じ効果のある薬に対して、何が違うのかなどの商品説明
  • サプリメントやダイエット食品に関する相談 ・・・など

3)ドラッグストアの年収とは?

未経験者(新卒レベル)で450万~600万
経験者で650万~700万(店長クラスは700万~800万)

キャリア形成はチェーン展開している企業の場合、本人の希望を考慮したうえで、すべてのパターンを経験してもらいながらキャリアアップし、店長としてスタッフのマネジメントや売上・在庫管理などを経験した後、本社で店舗運営や管理などマネージャー職として勤務します。なかには店舗運営と調剤経験を活かして独立開業する人がいます。

年収を重視したい薬剤師の働き方

医療に貢献したいから、様々な人と関わりを持ちたいから、人々の健康に役立ちたいから…薬剤師が働く理由はたくさんありますが、一番の目的はお金という人が多いと思います。

お金がないと生活ができませんし、日々を楽しむこともできません。最低限のお金があれば良いと考える人もいるかもしれませんが、ここでは年収を重視した働き方について考えてみたいと思います。

薬剤師の年収トップは?

薬剤師が就くことができる職種の中で、年収が最も高いのはどんな仕事でしょうか。

平均年収で考えると、病院<調剤薬局<ドラッグストアと続き次は企業の研究職です。平均で600~800万円ですが、新薬などの開発に成功すると大きなボーナスが出ることもあります。

そして平均年収トップはMRです。全体で600~800万円が平均となるのは研究職と変わりませんが、役職がついたり大手企業に就職ができると1000万円を越えることも少なくありません。

しかし、営業経験がない薬剤師は中途採用試験で書類で落ちてしまうことが多いのが難点です。

その中でも薬剤師有資格者を求めている企業もあるので、興味がある方は転職コンサルタントに相談してみましょう。

地方の医療機関で稼ぐ

都市部では充足しつつある薬剤師ですが、人口が少ない地域ではまだまだ足りていません。

地方と聞くと車がないと生活できないような地域を思い浮かべるかもしれませんが、一見過疎化が進んでいるようには見えない地域でも薬剤師が不足していることがあります。

政令指定都市から車で1~2時間離れてしまうと薬剤師が急に足りなくなる地域が少なくなく、そのような地域では高額の年収で求人を出していることがあります。

転居を伴わなくても、片道1時間程度なら問題ないと考えているのであれば、今と似たような仕事内容で収入が上がる可能性が十分にあるんです。

薬剤師は転職の多い職種ですので、転職回数が何度かあっても不審に思われることはありません。現状に満足せず、もっと良い求人がないか常にアンテナを張っておくことも大切です。

派遣薬剤師として稼ぐ

家族が転勤になったから、病気をしてしまった…様々な理由で薬剤師が急に辞めてしまうことって結構あります。

特に女性のパート薬剤師などは再就職が簡単なことから、何の躊躇いもなく急に辞めてしまうことがあるようです。

そんなとき、残された薬剤師は激務に追われて困ってしまいますね。次の薬剤師がすぐに決まるとも限りません。

そこですぐにでも薬剤師に来て欲しいと考えたときに要請するのが、派遣薬剤師です。急を要する上に期間が短かったり、契約が終了してしまう可能性がある代わりに、高い時給で雇うことになります。

実際のところは派遣で働く薬剤師としては急に契約が切れたとしても、絶え間なく次の派遣先が出てくることがほとんどなので職に困ることはありません。

派遣薬剤師のフルタイムの年収は480~700万円と、正社員よりも気軽に働けるのに高額です。高収入を狙うなら派遣薬剤師を選択肢の一つとして入れてみても良いでしょう。

薬剤師は転職回数が多い人がいる一方で、保守的な人も多く、今の年収に不満があるのに転職を考えもしないことが多いようです。

派遣薬剤師を含め年収重視で働くことに嫌悪感や罪悪感を感じる方もいるようですが、何も間違ったことはしていません。
一つ一つの仕事に対して責任を持って働けば、働く目的は関係ありませんよね。

年収重視で転職をしたらどれくらい年収が上がるのか、試しに調べてみてはいかがでしょうか!