薬剤師転職サイト比較.JAPAN

薬学部卒業後、大学院在籍中に薬剤師転職エージェントを利用して研究活動とアルバイトを両立。

大学院生の研究と薬剤師の仕事とのバランス

今回の薬剤師転職コラムでは大学院生SRS(20代・大阪府在住)さんから頂きました在学中の薬剤師転職サイトの利用に関する体験談をご紹介させて頂きます。

薬学部を卒業後、大学院に進学

私はこの春東京の薬学部を卒業し、大阪の大学院に進学して、研究と両立できる扶養内のパートを探していました。

転居前に大学院周辺を調べたところ、いくつか条件の合う求人がありそうだったので安心していましたが、大学院に入学後すぐに始めた求職活動はかなり厳しい状況でした。

元々住宅地が多くママさん薬剤師さんの多い大学周辺の地域特性に加え、コロナ禍での診療報酬改定もあり、新卒が週2~3日だけ働ける求人を見つけるのは難しい、と複数の薬剤師転職エージェントから言われました。

大学院の研究室と両立できる仕事を探すべき

薬剤師転職エージェントに登録してから10日ほど紹介のない状況が続き、このまま就業先が決まらないのではとかなり強い不安を感じました。

その時期には、研究室での活動を抑え、なんとか雇ってもらえるようにしなければと思い詰めたこともありましたが、ある薬剤師転職エージェントの方から「最初のヒアリングの際に最も重要視されていた、研究室との両立を優先して求職活動をしたほうがよいのではないですか」とアドバイスをもらいました。

その方から紹介された個人薬局は、大学から1時間程度かかる立地で、片道30分以内という希望とは異なりましたが、とりあえず面接に行ってみることにしました。

「研究を第一優先にしながら勤めてもらえれば」

実際に面接に伺うと、管理薬剤師の先生も大学院を修了していらっしゃり、研究活動に理解のある環境でした。「研究を第一優先にしながら勤めてもらえれば」と言っていただき、週2日のシフトを組んでいただけることになりました。

現在はその薬局にお世話になり、平日と土曜日に1日ずつ勤務をしています。

ベテランの薬剤師の先生が複数名いらっしゃり、調剤から丁寧に教えていただけることに加え、病院や企業から転職した先生もいらっしゃり、自分の将来を考える上でも刺激になっています。

処方箋は、総合病院のものが多く様々な科の医薬品を学べ、充実感を得られています。なにより、大学院に在籍している間、無理なく続けることができそうな職場に巡り合えたことがよかったと感じています。

求職活動は事前に優先順位を決めておくべき

求職活動を振り返って、実際に動く前に条件の優先順位を明確にしておくことが必要だと実感しました。

例えば、今働いている薬局の前にドラッグストアの面接にも行きましたが、週3日が必須、店舗の状況によっては研究室の活動時間と重なるデイタイムにもシフトを入れる可能性がある、ということでした。

研究活動が最優先のつもりで始めた求職活動でしたが、大学から比較的近かったこともあり、このドラッグストアに決めようかとかなり迷いました。このときは、就業先がなかなか見つからず、焦る気持ちばかりが募っていたと思います。

このドラッグストアだと後々研究室との両立に苦しんだのではないかと今は思えますが、求職中はそこまで冷静になれませんでした。

求職活動を始める前に、紙に優先順位を書き出しておけばよかったと反省しています。

このように不安な心境になることも多かった中で、薬剤師転職サイトに登録したのはよかったと思います。

薬剤師転職サイトで自身の希望を整理

特に私の場合は、新天地で初めての一人暮らしを始めたこともあり、地域特性すらもわかっていない状況でしたので、心細かったとき、薬剤師転職エージェントの方に親身に相談に乗ってもらえたのはとてもありがたかったです。

話を聴いてもらううちに、自分の希望を整理したり、紹介された職場で働く自分を想像したりすることができました。今の職場については、転職エージェントの方との会話の中で「教育熱心な社風でベテラン薬剤師も多く、丁寧に育ててもらえる個人薬局」と伺っており、実務実習で配属された個人薬局での業務をイメージしていました。

実際に就業した感想としても、業務の進め方や教育熱心さが実務実習先に似ているように感じます。

就業先でも「呑み込みが早い」と言っていただくこともあり、具体的なイメージを持てたことがスムーズな業務開始につながったように感じています。

質問しづらい条件面もエージェントなら

また、面接の際には、新型コロナウイルス対策に配慮しながら薬剤師転職エージェントの方に同行していただき、自分からは訊きづらい昇給のタイミングなどにも踏みこんで訊いていただきました。

また、当初は土休日中心のシフトを考えていたため、自分の中では調剤薬局は求職の対象から外れていました。

稼げないからと敬遠していましたが、実際に研究室が本格的に始まってみると日々の生活に精いっぱいで、休みがしっかりあってよかったと思います。

求職活動を始める前までは、学部生時代にアルバイトを探していた感覚で、ネット検索すれば希望に沿った職場はすぐ見つかると思っていました。

非公開求人がポイント

しかし、就業先とのマッチングは予想以上に難しかった上、今の勤務先は非公開求人だったため、薬剤師転職エージェントから紹介されない限り応募することすらできなかったと思います。

扶養内の求職であっても、国家資格があるからと甘く考えず、薬剤師転職エージェントの力を借りながら自分の希望を明確にすることで、納得できる職場での就業につながると感じました。

マイナビ薬剤師
面談によるサポートに強い
利用者満足度No.1
利用者満足度
No.1
公開求人数
62,000件
非公開求人数
多数
サポート拠点数
15拠点
面談方法
直接・WEB
マイナビ薬剤師は国内に拠点が多く、サポート力には定評あり。公開求人数も4万件以上とトップクラス。
ファルマスタッフ
調剤業界大手
日本調剤(株)グループ提供
調剤業界大手日本調剤(株)グループが提供する薬剤師向け転職支援・派遣サービス。
薬キャリ
年間2万人の薬剤師が利用
薬剤師登録者数No.1
東証一部上場、医療専門サイトm3.comが母体。満足度95%。転職相談だけでもOK。
written by 編集部 ()
ファルマスタッフ
薬剤師求人コラム
薬剤師がドラッグストアなどの職場から調剤薬局へ転職する際に注意すべきポイント

薬剤師がドラッグストアなどの職場から調剤薬局へ転職する際に注意すべきポイント

調剤薬局への転職を検討されている薬剤師の方の中には、「 ...

薬剤師の転職理由ファイル.1:私は異動の多さをきっかけに転職を決意しました

薬剤師の転職理由ファイル.1:私は異動の多さをきっかけに転職を決意しました

私は今の職場に転職してから7年目になる、男性薬剤師です ...

薬剤師転職サイトの転職お祝い金が遂に禁止に。祝い金に代わるお得なキャンペーンは?

薬剤師転職サイトの転職お祝い金が遂に禁止に。祝い金に代わるお得なキャンペーンは?

薬剤師の転職支援サービスが誕生した頃から実施されてきた ...

企業や病院で働いていた薬剤師が調剤薬局へ転職するメリットとデメリット

企業や病院で働いていた薬剤師が調剤薬局へ転職するメリットとデメリット

他の職場から調剤薬局への転職を検討されている薬剤師の方 ...

転職する薬剤師が事前に最低限考えておくべきエージェントに伝える希望条件とは?

転職する薬剤師が事前に最低限考えておくべきエージェントに伝える希望条件とは?

転職をお考えの薬剤師みなさんは、転職先について明確な希 ...

人気&注目度ランキング
マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師

マイナビ薬剤師はマイナビニュースやマイナビ転職でお馴染 ...

ファルマスタッフ

ファルマスタッフ

ファルマスタッフは株式会社メディカルリソースが運営する ...

ファーマキャリア

ファーマキャリア

ファーマキャリアはエニーキャリア株式会社がサービスを提 ...

お仕事ラボ

お仕事ラボ

お仕事ラボは株式会社AXISが提供する薬剤師転職支援サービ ...

ジョブバディ

ジョブバディ

ジョブバディ(JobBuddy・公式サイト)は株式会社スタイル・ ...

ヤクジョ

ヤクジョ

ヤクジョはジェイネクスト株式会社が提供する薬剤師向け転 ...

ズバリおすすめは・・・
マイナビ薬剤師