調剤薬局への転職:失敗しない為に知っておきたい仕事内容と年収目安 

転職先として調剤薬局を検討している人もいると思います。調剤だけをしていればいいから、雑務の多いドラッグストアより薬剤師としての資格や知識を活かせそうと考えている人もいるでしょう。

実際はどうなのでしょうか?

1. 薬局の所在地で主な処方薬が違う

基本的にどこの薬局でも入口には「全国どこの病院の処方箋でも扱います」と書いてありますが、基本は近所に何科の病院があるかで、主な処方薬が決まります。

また、病院と調剤薬局につながりがあれば、病院の方で「向かいの●●薬局に処方箋を出してください」と初診の患者さんに案内をしていることもあります。

ですから、近所に内科や小児科のクリニックが多ければ内科や小児科の薬を中心に置くようになりますし、大きな病院の前にある薬局(門前薬局)では、すべての科に対応できるようにしています。

転職する際には、自分が何科に強いのかしっかり見極めたうえで、自分に合った調剤薬局を探しましょう。

2. 実際の仕事内容は?~内科・小児科編~

調剤薬局の主な仕事内容は、処方箋鑑査、保険証番号の確認、調剤、服薬指導(重複薬や相互作用の確認)、薬歴管理、医師への疑義照会、在庫管理などです。

ここで、とある内科・小児科のクリニックメインの調剤薬局の実情を紹介します。

この薬局では1日平均80人前後の患者さんが来ますが、閑散期は40人程度、風邪やインフルエンザが流行する時期は200人を越える患者さんが来ます。

混むかどうかの事前予測できないため在庫管理が難しく、当日すべての薬を渡すことができずに、残りの薬が入荷次第患者さんに取りに来てもらうこともあります。

小児の風邪の場合は粉薬が処方されることが多く、分包機をフル稼働させなければなりませんが、ここに内科の一包化の処方せんが入った場合、機械は1台しかないので作業が滞って時間がかかることがあります。

しかも長期処方があると、余計に時間がかかります。

仮に60日分だと朝昼夜寝る前で240包。1度に分包できるのが、機械により42~60包として、最低でも4回機械を回します。

最後に240包の1つ1つにゴミが入ってないか、間違いがないかを確認します。

また、1枚の処方せんに薬が多く処方されている場合には、監査するだけで目が痛くなることもあります。

さらに、少人数の調剤薬局のため、患者さんや医師からの急な問い合わせの電話で時間を取られて調剤する人がいなくなり、患者さんから「自分のはまだですか?」と言われることがよくあります。

服薬指導では用法や用量について説明を行いますが、病気で耳が遠くなっている方や、ご高齢の方、子供1人で来る場合もあり、コミュニケーション能力が問われます。

3. 調剤薬局の年収とは?

未経験者(新卒レベル)で400万~600万

経験者で550万以上

ただし、医師や薬剤師が不足している地域では、年収800万という調剤薬局もあり、地域により年収が変動するという特徴があります。

なお、調剤薬局には管理薬剤師必要ですが、管理薬剤師には特別な資格はありません。

そのため、就職後会社が認めれば6ヵ月で管理薬剤師として調剤薬局を任されることもあります。

薬剤師の年収につきましては「2017年厚生労働省発表データで見る薬剤師の平均年収・給料」でも触れていますので宜しければご覧ください。

ドラッグストアへの転職:知っておきたい薬剤師の仕事内容と年収目安

転職先活動をしていると求人数の多いドラッグストアでの仕事とは、どんなものなのだろうと気にしている薬剤師の方も多いと思います。あちらこちらに出店をしているドラッグストアチェーンでは薬剤師が不足しています。

ドラッグストアでの仕事内容とはどんなものなのでしょう。

1. 調剤併設は運営企業の方針により仕事が異なる

調剤併設型の場合は、保健所への届け出がOTC販売店舗と別々の場合は、調剤薬局扱いになるため勤務時間や売上の管理も別になり、OTC販売に関わることがなく、仕事内容は調剤薬局と同じになります。

【仕事内容】

  • 処方箋鑑査
  • 保険証番号の確認
  • 調剤
  • 服薬指導(重複薬や相互作用の確認)
  • 薬歴管理
  • 医師への疑義照会 ・・・など

保健所への届け出がOTC販売店舗と同一の場合は、運営企業の方針により異なります。調剤に専念する場合、お客様からの問い合わせがあった時のみ対応をする場合、調剤とOTCの対応、レジ打ちや日用品の品出しも行う場合があります。

調剤とOTCを兼任するオールラウンダーとして働く場合は、切り替えの早さや調整能力の高さが問われます。

【仕事内容】

  • 処方箋に基づく調剤
  • 服薬指導
  • 薬歴管理
  • 処方箋の内容確認
  • お客様の症状によって市販薬の提供
  • 同じ効果のある薬に対して、何が違うのかなどの商品説明
  • サプリメントやダイエット食品に関する相談
  • 日用品などの商品を倉庫から出して陳列
  • 日用品のレジ打ち ・・・など

2. 商品の配列により仕事内容が異なる

OTC販売専門のドラッグストアは、商品の配列により仕事内容がことなります。ドラッグストアには、第1類医薬品をお客様が手に取って選べる店舗と、レジカンター内に陳列されている場合があります。

第1類医薬品をお客様が手に取って選べる店舗では、第1類医薬品に関する問い合わせ対応やアドバイスのみの対応を行い、基本的にはレジ打ちや品出し等は行いません。
混雑時は忙しくなる時もありますが、空いている時間は自分のペースで仕事ができます。

【仕事内容】

  • お客様の症状によって市販薬の提供
  • 同じ効果のある薬に対して、何が違うのかなどの商品説明
  • サプリメントやダイエット食品に関する相談 ・・・など

第1類医薬品がレジカンター内に陳列されている場合は、登録販売員と同じ仕事内容になるため、薬剤師としての資格を活かすというより販売員としての仕事が多くなります。

【仕事内容】

  • 日用品などの商品を倉庫から出して陳列
  • 日用品のレジ打ち
  • 店内の清掃
  • お客様の症状によって市販薬の提供
  • 同じ効果のある薬に対して、何が違うのかなどの商品説明
  • サプリメントやダイエット食品に関する相談 ・・・など

3. ドラッグストアの年収とは?

未経験者(新卒レベル)で450万~600万
経験者で650万~700万(店長クラスは700万~800万)

キャリア形成はチェーン展開している企業の場合、本人の希望を考慮したうえで、すべてのパターンを経験してもらいながらキャリアアップし、店長としてスタッフのマネジメントや売上・在庫管理などを経験した後、本社で店舗運営や管理などマネージャー職として勤務します。なかには店舗運営と調剤経験を活かして独立開業する人がいます。

薬剤師の年収につきましては「2017年厚生労働省発表データで見る薬剤師の平均年収・給料」でも触れていますので宜しければご覧ください。